ノロウイルスの潜伏期間 症状は?うつる可能性はある?対策は?

17894575
ノロウイルス感染症とは、ウイルス性食中毒の代表とも呼ばれる感染症です。

そして、最も猛威を奮うのは冬場になります。

同時期にインフルエンザも流行しますが、インフルエンザのようにアルコールで対処できるウイルスではないので少し厄介です。

もしかして、ノロウイルスにかかったかも?と心配の方にその症状と対策をお伝えします。

ノロウィルスの潜伏期間で症状は?

ノロウイルスの潜伏期間は24~48時間と言われています。

原因は前日、または前々日に食べたものが原因と考えられます。

そして、おもな症状は37度から38度ほどの発熱があり吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などが起こります。

その経過としては、まず初期段階では微熱が出て、お腹がチクチク痛み出したかと思うと、いきなりこみあげてくるような痛みなどのつらい症状がおこり、吐き気をもよおします。

症状には個人差がありますが、1日に何度も嘔吐し、出るものがなくなっても吐き気に見舞われるという人も多いようです。

そして、嘔吐の次は下痢が続き、水のような便が出るようです。

ノロウィルス 潜伏期間にうつる可能性は?

ノロウイルスの感染経路は、飲食物、空気感染、飛沫感染などです。

食べ物は二枚貝といった牡蠣やアサリ、しじみなどの貝類から感染するといわれますが、人から人へと感染もします。

具体的には、感染者の糞便やウイルスが付着した便器や手などから感染したり、感染者の糞便から飛沫したウイルスから感染する空気感染です。

感染者が触れた食品を食べた、感染者に触れたなどです。

そして、感染者が潜伏期間中に、人にうつす可能性はどうでしょうか?

スポンサードリンク

ノロウイルスの感染経路は、感染者の嘔吐物や、糞便などに含まれるウイルスが最も多いのです。

嘔吐物や便に大量のノロウイルスが含まれており、そのしぶきが少しでも触れると感染してしまう特徴があります。

しかし、潜伏期間中はまだ下痢や嘔吐がおきてないため、排泄物にまだウイルスが含まれておりません。

したがって飛沫による感染はうつす可能性としては低いようです。

ノロウィルス 潜伏期間の対策は?

13791812
もし、症状が出てしまったら、我慢せず嘔吐、下痢でノロウイルスを体外に出すようにしましょう。

つらいですが、ノロウイルスを体外に出せば症状がおさまってきます。

なので、吐き気止めや下痢止めは使わないようにしましょう。

嘔吐、下痢の症状はつらいし苦しいものですが、体外に出すことで少しずつ症状が和らぎます。

過度に心配せず、激しい嘔吐や下痢の症状が出るものだと心得て体外に出すようにしましょう。

飲み物や食べ物の摂り方にも注意しましょう。

症状が治まったからといって、急に食べ物や飲み物は摂ってはいけません。

急激に食べ物を摂ると、胃に負担がかかり再度、下痢や嘔吐を引き起こしてしまいます。

時間をかけて少量ずつ摂るようにしましょう。

脱水症状を防ぐためにはアクエリアスなどのイオン飲料を飲むのがオススメです。

胃も弱ってますので、刺激物は摂らないようにしましょう。

まとめ

13903598
急に来るつらい症状のため、ノロウイルスにかかったことのある人は、もう二度と嫌だと思うでしょう。

しかし、ワンシーズンに何度もかかる場合もあるので注意が必要です。

きちんとケアをし、油断せずに予防に努めましょう。

スポンサードリンク