出初式2016はいつ?梯子乗りは必見?防寒は忘れちゃダメ?

6491275
男の子って消防車やはしご車といった働く車が好きですよね?

息子さんがワクワクすること間違いなしの出初め式に連れて行ってあげてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

出初式2016はいつ?

出初め式は、地域によって開催日及び開催場所は異なりますが、毎年お正月明けの週末からその翌週にかけて行われることがほとんどです。

各消防庁のホームページなどで告知されますので、まもなく更新されるであろう情報をチェックしておきましょう。

出初め式は、新しい年に火災がありませんように、また市民のみんなが安心や安全を願うために行われています。

消防関係者によって行われますが、一般開放されていますので、出初め式は自由に観覧できるのです。

また、最近ではより地域に密着し、子供たちにも身近に感じられるようにと、消防車やはしご車、救急車といった普段乗る機会がまずない乗り物に乗せてくれるイベントも行われています。

また、消防士さんの着用している制服を試着し写真が撮れたり、消火器による消火の体験など、男の子ならずとも充分楽しめるものとなっています。

出初式 梯子乗りは必見?

12003754
消化活動の時に行う放水もそうですが、デモンストレーションとして人気を集めているのが「梯子乗り」でしょう。

スポンサードリンク

実際、消防士の方などは、高い所や足元が安定しない場所で消火活動を行う事も多く、日頃から様々なトレーニングを積んでいます。

またその一環として、曲芸のように梯子の上でアクロバットな技を披露する「梯子乗り」は、出初め式に訪れる人が楽しみにしている行事なのです。

見ていてもハラハラドキドキするような場面を何度も味わっているうちに、技が決まると、会場は拍手で包まれます。

きっと息子さんもその魅力に目を見張るはずです。

また、ビシッと揃った分列行進などは見ているこちらまで気が引き締まるほど気持ちいいものです。

出初式 防寒は忘れちゃダメ?

では最後に、出初め式に出かける際の服装の注意点です。

会場は多くの人で賑わい熱気で溢れてはいますが、1月という寒さが厳しい時期です。

当然防寒対策は必須でしょう。

また、消防隊員たちは行進したり技を披露したりと身体を動かしていますが、見ている側はあまり動くことがありません。

あったかなインナーを見につけ、マフラーや手袋などは必須です。ダウンなど風を遮るタイプの上着がおすすすめです。

また人が多いという事は風邪を引いている人もいるしょうから、マスクをしていくといいですね。

まとめ

7746983
お正月のんびりと過ごした後は、機敏ですがすがしい演技を見せてくれる出初め式で、気持ちいい1年をスタートしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする