お年玉の相場で幼児にはいくらくらいあげる?小学生は?中学生には?


年末年始は何かと物入りで、お正月が明けて気づけば結構な額のお金が知らない間に飛んでいっていたなんて経験をした方も多いのではないでしょうか。

その原因の一つとして、お年玉がひそかに関係しているかもしれません。

幼児や小学校低学年の親戚の子供にあげるお年玉の額はまだ知れていますが、中学生高校生と年が上がるにつれて、お年玉の額も毎年右肩上がりに上がっていくのが悩みの種ですよね。

そこで、世間のお年玉の相場を知ることで相場よりも多くあげすぎていた場合、お年玉の額を見直すことができるかもしれません。

年に一度のお正月でケチケチしたくない気持ちも分かりますが、参考程度に記憶に留めておいてもよいかもしれません。

スポンサードリンク

お年玉の相場で幼児にはいくらくらいあげればいいの?


幼児にあげるお年玉の場合、もらった本人はお年玉の意味について分からない場合が多いです。

もらう「金額」よりも、「もらう」ということがうれしい年頃なので、500円程度の小銭~1000円程度の少額をあげる人が多いようです。

また、この年齢の子供にあげるお年玉でおすすめなのは、お金ではなく図書カードをあげるという方法があります。

絵本が好きな幼児は多いため、「これで絵本を買って、お母さんに読んでもらってね」と言って渡すと喜ばれます。

スポンサードリンク

お年玉の相場で小学生にはどのくらいあげる?


幼児から小学生に年齢が上がるにあたり、当然お年玉の額も上がります。

一般的な家庭があげるお年玉の相場では、「渡す子供の年齢×500円」くらいが妥当ではないかとされています。

つまり小学校3年生の8歳の子供には8歳×500円で4000円が相場になりますね。

でも、これは地域や親戚同士の付き合いの深さによっても異なってきますのであくまでも参考程度にしてください。

お年玉の相場で中学生にはどうする?

中学生ともなると、お年玉の額は家計にも多少打撃を与えてきますよね。

中学生1人ならまだよいですが、3人、4人となってくるとお年玉として用意する金額が数万円にものぼります。

中学生・高校生では1年生から3年生で一律の額を渡すことが多いようです。

あるアンケートによると、~5000円と5000円~10000円を渡すという人の割合がほぼ同じくらいというアンケート結果があります。

またどれだけ年齢が上がっても、お年玉の上限は1万円と考えている人が多いようです。

まとめ

世間のお年玉の相場に比べて、あげているお年玉の額はいかがでしたか?

多かった場合は減らせるチャンスかもしれませんが、そこは親戚同士の付き合いが絡んでくるため一筋縄ではいかないかもしれません。

あげている額と同等の金額を自分の子供ももらっているのならお互い様だと諦めるか、話し合いに持ち込んでみんなで一律金額を減らすという方法もありですね。

お年玉で悩みすぎず、心穏やかに年末年始をお迎えください。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする