ホワイトデーお返し 義理だと職場で配るだけ損?なしでスルー?コンビニは?

シェアしよう!

ホワイトデーと書かれたハート型のクッキー
…好きです。

つきあってください。

バレンタインデーで好きな人にチョコを渡すのはもう昔のことになってしまいました。

いまどきアニメの妖怪ウォッチですら、女子全員から男子全員への大量のチロルチョコ渡しというびっくりな展開です。

昔は恋人の日だったバレンタインデーとホワイトデーですが、今はどんなビターな事情があるのでしょうか。

スポンサードリンク

ホワイトデーお返し!義理だと職場で配るだけ損?

バレンタイン禁止なんて会社もありますが、職場での義理チョコ義理返しはその後の仕事をスムーズに気持ちよく進めるためにも、大人の配慮をもって「義理には義理で」行われるものです。

義理のお返しだからお金の無駄と考えずにコミュニケーションのよい機会としてとらえ、上手に自分の株をあげるのにどんどん利用していきましょう。

ホワイトデーにお菓子の専門店で買った素敵なお返しをもらったなら、女性の仕事のモチベーションは確実に上がります。

丁寧なお返しは相手を評価し大事にしている証です。

職場でのバレンタインデー・ホワイトデーのやりとりは人となりが露骨に出ますし、女性社員はしっかりと個々の男性社員の対応を見ていますよ。

その後のおつきあいに影響しますので、お酒の席で気を使うのと同じくらいに配慮を持ってお返しを考えてくださいね。

ホワイトデーお返し!義理なのでなしでスルー

男性が「ホワイトデーが土日だったらうれしい」と思う気持ちにはふたつの理由があります。

ひとつは、彼女や妻とゆっくりデートできるということ、そしてもうひとつは会社の女の子に義理チョコを返さなくてもすむということです。

ホワイトデー当日がお休みだからうやむやにできる!

面倒事がひとつ減った!

これがいまどきの大人のホワイトデー事情の真実です。

男性にとってホワイトデーは「愛」より「義務」が重くのしかかってきています。

お財布だって圧迫しますから、何もしないほうが楽ですよね。

職場でバレンタインをもらったけれど、お返しも何のリアクションもしないという人は実は割と多いです。

特に「○○部の女性から」と複数人分まとめてバレンタインをもらうと、まあいいかとなって何もしないという気持ちになってしまうようです。

けれど男性の比率が多い職場だとしたら、複数人からの義理チョコだったとしても女性側はそれなりのお金を出して、みんなで準備していたわけですよね。

何もしないのはかなりのイメージダウンが予想されます。

スポンサードリンク

まとめて義理チョコをくれた女性陣がもし仲良しだったらランチで話題は共有されますから、さらによくない連鎖がおこります。

部内の相手の女性が好きだとか嫌いだとかいうのは問題ではありません。

一人の大人としてスルーだけは何としても避けてください。

ホワイトデーお返し!義理だからってコンビニ袋で駄菓子

コンビニで買い物をするサラリーマンの男性
お返しにスーパーの袋に入った駄菓子を渡したとか、コンビニで買った普通のチョコをそのまま渡したなんていうのはホワイトデーあるあるですね。

袋入りの飴を買ってひとつづつ配る猛者もいるようですが、それは残念対応ですよ。

男性の中でも不器用というか無頓着なタイプの人がいて、そういう人はとにかくなんでも返せばいいと思っています。

平気で駄菓子を渡す人は出世しない世渡り下手なタイプです。

本人はきちんとお返しをした気持ちでいるのですが、全く逆効果です。

特別なものをもらうことや、手間をかけた美味しいものをもらうことが女性の心を動かすのです。

デパ地下に行って試食して特に美味しいのを選んでバレンタインに渡したのに、いつものコンビニのいつものお菓子を渡されたらちょっと残念です。

たとえ金額がそこそこ高くても、会社のすぐそばのコンビニのレジ前に積んであったやつだー!

と分かったらガッカリなのです。

まとめ

反省するスーツ姿のサラリーマンの後ろ姿
職場での義理チョコのお返しのよくある残念パターンをあげてみましたが、心当たりのある男性は胸に手をあてて反省してください。

お金をかけてチョコを買って配ることがバレンタインではありませんし、お返しに高いチョコを買って返すことがホワイトデーでもありません。

けれど仕事仲間への愛着や感謝を目に見えるカタチで伝えることは無駄なことではないと思います。

お金がなければアイデア勝負でいきましょう。

同僚ならかわいい猫画像をたくさんメッセンジャーで飛ばして「ありがとう!」でも喜ばれるかもしれません。

私事ですが昔上司に「がんばっていますね」とカードをもらったときはとてもテンションあがりました。

すごく気配りができる憧れの上司でした。

ホワイトデーのお返しは職場で日頃の感謝を伝える場・自分のプレゼンテーションの場としてとらえ、仕事をもっと楽しくするために工夫するのがハッピーかなと思います。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!