バレンタインにたくさん作れるレシピは?ラッピングは?もらうには?

手作りチョコの材料と道具
日本で定着しているイベントの1つが「バレンタインデー」です。

好きな男の子にチョコをあげるのが主流だったのが、最近では友達に手作りチョコをあげるのが主流に変わりつつあります。

友チョコや義理チョコなる物はたくさんの友達にあげるので、お金があまりかからず大量に作れるのが基本です。

そこで簡単にたくさんのチョコが作れるレシピともらえる秘訣を紹介しますね。

スポンサードリンク

バレンタインにたくさん作れるレシピは?

トリュフチョコレートとハート型のギフトボックス
学校の友達や会社の同僚などに渡す友チョコや義理チョコは、買って渡すと金額が半端なく高くなってしまうので、作るのが鉄則です。

バレンタインチョコをたくさん、そして簡単に作れるレシピを紹介します。

普通に板チョコを溶かして、型に流して固めるのは量もたくさんでき簡単ですが、ここで紹介するのは簡単なのに作った感があるトリュフを紹介したいと思います。

  • たくさん作れるトリュフ(約50個作れます)
「材料」
板チョコ 6枚、生クリーム 100cc、ココアパウダー 適量
「作り方」
1.板チョコを砕いておきます。
2.生クリームを電子レンジで人肌程度に温めます。
3.1の板チョコを湯せんで溶かし、完全に溶けたら2の生クリームをゆっくり混ぜます。
4.板チョコと生クリームが完全に混ざったら、氷水を入れたボウルで冷やしながら混ぜます。
5.固まったら適当な大きさに分け、冷蔵庫で30分程冷やし、手で適当な大きさに丸めます。
6.パッドなどにココアパウダーを広げ、そこに転がしてココアパウダーをつけたら出来上がりです。

バレンタインにたくさんあるチョコのラッピングの仕方は?

手作りチョコが満足な出来栄えになっても、ここでもう一押し頑張ってください。

スポンサードリンク

チョコが美味しくできても、やはりあげる時に喜んでほしいものです。

そこで重要になってくるのが、ラッピングテクニックです。

ここで使いたいのが100均グッズです。

最近の100均は優れもので種類も増え、枚数も多く入っていてお得なのでオススメです。

ここで紹介したいのがマスキングテープ・透明袋・レースペーパー・ワックスペーパー・リボンです。

100均にもすでに箱になっているギフトボックスもありますが、量が多い友チョコでは不向きです。

透明の袋にチョコを入れマスキングテープをペタペタ貼るだけでも可愛いですし、ワックスペーパーに入れリボンやレースペーパーを組み合わせても可愛いですよ。

バレンタインをたくさんもらう方法ってあるの?

たくさんのプレゼントを抱える女性の様子
バレンタインのチョコを手作りする時は、一応大体の数を数え、その他に予備のチョコも作ります。

理由は自分はあげるつもりは無かったのに、もらった場合です。

もらったのに、あげなかったら友達関係にも微妙なズレができてしまうからです。

たくさんもらいたい時はバレンタイン前に自分からアピールするのが良いでしょう。

でもその場合は自分も作らなくていけないので個数的には大量になるけど、色んな種類を食べれて良いかもしれませんよ。

男子は女子に自分が甘い物が好きアピールをしてみるのも良いですよ。

まとめ

バレンタインにたくさんのチョコを作るのは女子にとっては大イベントなんです。

かなりの量が必要になるので、少しでも簡単に安く済ませたいと思っていますよね。

上記を参考にたくさんのバレンタインチョコを制作してくださいね。

そして、何十個も作るバレンタインチョコに欠かせないのが強力な助っ人の母親です。

お母さんにも感謝チョコをあげるとかなり喜んでくれると思いますよ。

スポンサードリンク