入学祝いはいつおくるもの?いくら渡す?のし袋はどうしたらいいの?

桜の花と入学祝いののし袋
4月は新しい年度の始まりですね。

身内の方に入園・入学する人もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが、入学祝いのマナー

意外と知らない方も少なくないと思います。

いつ贈ればいいのか、いくら渡すものなのか、のし袋はどう書けばいいのかなど入学祝いのマナーについてまとめたので参考にしてください。

スポンサードリンク

入学祝いはいつおくるもの?

3月の卓上カレンダー
入学祝いは、親族間の内祝いです。

よほど親しい関係でない限り贈ることはなく、孫や甥、姪など身内の間柄で行うのが一般的です。

では、いつ頃に渡せばいいのでしょうか。

一般的には入学の1ヶ月前〜当日までと言われていますが、入学や入園が正式に決まったらなるべく早く渡すようにしましょう。

卒園式、卒業式の後がいいと思いがちですが、入学が決まっているのであれば早めに準備したいという理由から3月中旬あたりに贈ると喜ばれることもあります。

身内のお祝いなので、贈る時期についてはお互い話し合って決めてもよいと思います。

入学祝いはいくら渡す?

のし袋とお札
入学祝いの相場は以下の通りになります。

スポンサードリンク
・幼稚園、保育園:3000~1万円
・小学校:5000~2万円
・中学校:5000~2万円
・高校:5000~1万円
・短大、専門学校、大学:1万~2万円

相場はあくまで目安として考えてください。

例えば、幼稚園や小学生の場合、親が受け取ることが多いと思いますが中学生となると本人が受け取る場合もあります。

現金を多く持たせたくないという方針の家庭もいると思いますので、その際、多く渡してしまわないようにしましょう。

入学祝いののし袋はどうしたらいいの?

まず、用意するのし袋「蝶結び」の結び目のものを選びましょう。

のし袋は包む金額に合わせます。

1万円以下の金額の場合、水引のない印刷しているシンプルなのし袋を選びます。

2〜3万円の金額の場合は、紅白の水引がついたタイプのものを選びましょう。

入学祝いは慶事なので濃い墨の筆で書きます。

表書きは「御祝」「祝御入学」「入学御祝」「御入学御祝」となります。

のし袋の下側には表書きよりも少し小さな字で自分の名前を書きます。

夫婦連名にする場合には、夫の名前を右、妻の名前を左に並べて書くようにしましょう。

中袋の表は、中央に「金壱万円也」といったように金額の数字は漢字で書くようにします。

裏の左側には自分の住所と名前を書きます。

入学祝いののし袋は、下側を上にして重ねます。

反対は弔事の場合となり、間違えると大変失礼になるので気を付けましょう。

まとめ

これで入学祝いのマナーはばっちりですね!

遠方の親戚の場合は、現金書留で送ろうかどうか迷うかも知れません。

現金書留にのし袋を入れてお祝いを送ることはもちろん可能です。

ただ、人によっては義務的に感じたり失礼に感じる人もいるので、実家に預けて渡してもらうなど、今までのやり方をご両親や兄弟に尋ねてみましょう。

せっかくのお祝いごとですから、贈る方も受け取る方も気持ちよくやりとりできるといいですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする