花粉症の薬 市販で眠くならないのは?鼻づまりは?目のかゆみには?

杉の木の模型とマスクと薬
花粉症は、ある日突然発症する人も多く、今まで何ともなかったのに、今年は何だか鼻がムズムズするし、目もかゆい…。

風邪でもないのにティッシュを離せない生活。これって、まさか?

まずは病院へ行くことが先決なのですが、仕事や学校の都合でどうしても行く暇がない方のために市販のお薬のオススメ情報をご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症の薬 市販で眠くならないのは?

花粉が飛散し始める2月中旬ぐらいからムズムズ感が襲ってきたら花粉の可能性が高いようです。

来たかな?

と思ったら、マスクやメガネなど防御にかかるのですが、それでも「花粉症」にかかってしまった場合、まずは病院に行くのがいいのですが、その時間がなく取りあえず市販薬で乗り切ろうと思っている方も多いのではないでしょうか?

市販薬といっても実にたくさんの花粉症の薬が売られています。

自分に合った薬を見つけることが大切です。

しかし、効いたはいいが、強烈な眠気に襲われて仕事や勉強に支障をきたすようであれば考えものですね。

では、オススメの眠くなりにくい花粉症市販薬をご紹介します。
 
 

  • アレグラFX
  • 鼻みずや鼻づまり、くしゃみに効果のあるフェキソフェナジン塩酸塩配合のアレルギー専用の鼻炎薬です。

    1日1錠、1日2回の服用です。

    脳に影響を及ぼしにくいので、集中力や、判断力、作業能力の低下などを起こしにくい、眠くなりにくいというのが特徴となっています。

    また、花粉症の内服薬にみられる口の渇きなどはなく、空腹時も飲めるので安心して服用することができます。
     
     

  • ストナリニZ
  • 鼻水、鼻づまりによく効き、効き目が持続するセチリジン塩酸塩配合のアレルギー性鼻炎のお薬です。

    1日1回でつらい鼻炎症状を抑えてくれます。

    しかし、注意書きには乗り物や機械類の運転はしないようにしてくださいとあるので、眠気はあると思ったほうがいいでしょう。

    ただ、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べて眠くなりにくいようではありますが、個人差はあるようです。

     

  • エバステルAL
  • 鼻みず、鼻づまり、くしゃみに効くお薬です。

    1日1錠、1日1回の服用で効果は持続し、飲む時間帯は就寝前であれば、翌日の夜まで効果が持続するというものもです。

    なので、薬を持ち歩く必要はありません。

    成分は第二世代の抗ヒスタミン薬の「エバスチン」を配合しています。

    症状の軽い早めのほうが効果があるようです。

    花粉症の鼻づまりの薬を市販で買うなら?

    ティッシュペーパーを持つ女性の様子
    鼻炎や鼻づまりががひどい場合、その原因が、風邪からくる鼻炎症状なのか、花粉・ホコリなどのアレルギー性の鼻炎なのかを見極めましょう。

    スポンサードリンク

    それによって選ぶ市販薬が違ってきます。

    病院に行くことがベストですが、自分で見極める判断として、アレルギー性の鼻炎の場合は、さらさらな透明な鼻水がたくさん出て、目が痒く、その症状は比較的朝と夜が酷いようですが、風邪の場合、それに身体のだるさや、喉が痛かったりします。

    また、風邪の症状が進んでくると鼻水がさらさらから黄色いドロっとしたものに変わり、熱が出たりと、明らかに花粉症の症状とは異なってきます。

    このような症状をきちんと判断したうえで市販薬を選びましょう。
     
     

  • アレジオン10
  • アレジオン10は、第2世代抗ヒスタミン成分に分類されるエピナスチン塩酸塩を配合したお薬です。

    また眠くなりにくい、パフォーマンスの低下を起しにくいお薬なので、眠気を伴ってはいけない方にはオススメのお薬です。

    1日1回で効き目が持続します。
     
     

  • コンタック鼻炎Z
  • 寝る前に1錠飲んで、優れた効果が持続するアレルギー症状に効くお薬です。

    日本ではじめて医療用成分のセチリジン塩酸塩を配合したお薬でもあります。

    眠気は感じるようなので、寝る前の服用が望ましいようです。

    ただし、他のコンタックシリーズのお薬と比較したら、やや眠気については軽いようです。
     
     

  • コンタック600FIRST
  • 症状の出始めから効いてつらくならずに1日2回で効果があるお薬です。

    コントロールするために、朝と就寝前の1日2回を服用します。

    成分はケトチフェンフマル酸塩を配合しています。

    こちらはコンタック600小児用もありますので、アレルギーに悩むお子さんにも飲ませることができます。

    花粉症の薬 市販で目のかゆみには?

    目薬を持つマスク姿の女性の様子
    アレルギーが原因の目のかゆみにはどの目薬が良いかというと、花粉症などのために作られた目薬でケトチフェンが入っている目薬がオススメです。
     

  • サジテンAL点眼薬
  • アレルギー専用の眼科用目薬です。

    1回1~2滴、1日4回点眼します。

    シンプル処方で、血管収縮剤は入っていません。

    アレルギーを抑え、同時に目のかゆみを抑えてくれます。
     
     

  • ロートクール40α
  • 目の疲れや目のかすみ等を改善し、目に大切な4大栄養素「天然型ビタミンE」「ビタミンB6」、「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」、「L-アスパラギン酸カリウム」を配合しており、目に直接栄養を与えてくれる目薬です。

    成分的にもシンプルで防腐剤や血管収縮剤が使われていません。

    紫外線によるダメージにも有効ですし、スーッとした冷たい清涼感も人気のひとつです。

まとめ

大量の鼻水がタラタラ出て、片時もティッシュを離せない、目がかゆくてイライラする…などの症状は本当につらいですよね。

仕事や勉強の効率も悪くなってしまいます。

市販薬でも自分にばっちり合えば、病院で処方してもらう薬よりも効果が出たという方の声もあちこちから出ています。

コストはかかりますが、これ!

と思ったものに出会うまでいくつか試してみるのも、花粉症対策の近道かもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする