ホワイトデーお返し 妻には?花でサプライズ?食事でもてなし?

シェアしよう!

ハート型のクッキーがレースペーパーの上に3つ並んでいる様子
結婚前は、バレンタインのお返しや記念日のお祝いなどをしていたカップルも、結婚し子供も生まれると日々の生活に終われ、そういった機会がどうしても減ってしまいますね。

家族ということには違いありませんが、時には相手への想いを何らかの機会に伝えたいものです。

そこで今回はホワイトデーという機会に奥さんにサプライズしてみませんか?

スポンサードリンク

ホワイトデーお返し 妻には?

世の中の男性の風潮を見ていると、言葉は悪いですが釣った魚に餌はやらないといったフシがどうしてもあります。

もちろんみんながそうではないですが、1つに家族と言う意味合いが強くなってくるという理由がありますね。

もう1つは、日本人の男性はシャイで気持ちを伝えるのが苦手で、言わなくても分かってくれるだろうと思う部分があるようですね。

しかし、影で支えている奥さんとしてはたまには、旦那様からの目に見えるアクションがあればいいなと感じているものです。

普段言葉で「ありがとう」と伝えてくれていても、それがちょっとした形で示されると、また頑張ろうって思えるんですよね。

だから奥さんからのバレンタインにも、お返しをするようにしませんか?

ホワイトデーお返し 花でサプライズ?

男性が花束を差し出している様子
お返しは、結婚記念日とかでもないので、高価なものである必要はありません。

スポンサードリンク

でも、いったい何をあげたらいいのだろう?

と男性からすると悩んでしまうものです。

チョコやクッキー、スカーフなどでもいいのですが、ちょっと趣向をこらしてみたいですよね。

それであれば、花束はいかがでしょう!

最近は部屋にお花を飾るという家も少なくなってきましたが、お花があるってそれだけで部屋が明るくなりますし、花をプレゼントしてもらえるというのは女性としてとても嬉しいことなんですよ。

じゃあ、花を届けてもらえるように手配しようかなと思われた方!

どうせなら、あなたからの手渡しが奥さんは嬉しいはずですよ。

ここはポイントです!

ホワイトデーお返し 食事でもてなし?

パプリカを切っている男性の手元
では、もう1つ奥さんに気持ちを伝えるのに最適な方法をご紹介しましょう。

それは手作り料理です。

料理なんて無理だよと思われるかもしれませんが、難しいものを作る必要はありません。

カレーでも全然オッケーです。

今年は14日が月曜日なので少し早いけどと、13日に作ってみてはいかがでしょうか?

料理は敷居が高いと思うあなたは、朝食でもいいですよ。

サラダと目玉焼き、そしてトーストにコーヒーといった簡単なものでもいいのです。

奥さんが目覚める前に準備しておきましょう。

きっと驚いて感動してくれますよ。

まとめ

今年のホワイトデーは、日々生活に追われている2人の仲がよりあったかく親密になれる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

そして最大のポイントです、メッセージカードも忘れずにつけてくださいね!

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!