バレンタインのチョコを男性は貰いたい?手作りが嬉しい?相場は?

14と書かれたハートをチョキで挟む男性の手
片思いをしている女性でも、バレンタインデーは相手の男性に、少しだけ積極的になれちゃいそうな日ですよね。

女性だけじゃなく、男性もちょっぴりどきどきソワソワするのでしょうか!?

思いを寄せる男性にチョコを渡そうか、どうしようか迷っているあなた。

渡す?渡さない?手作り?市販?相場は?

などなどお悩みはつきませんよね。

そこで今日は、バレンタインの男性の本音をズバッとご紹介しちゃいます!

バレンタインにチョコを男性は貰いたい?

女の子からチョコレートを受け取る男の子の様子
バレンタインデーと言えば、日本ではチョコレートを渡す習慣がありますが、正直、貰っても迷惑なんじゃないか・・?

なんて、考えちゃいます。

片思いだったりすると尚更ですよね。

男性の本音はズバリ、「貰いたくない」と思っている人も多いみたいです。

貰いたくない理由としては、「お返しが大変だから」って事が多いみたいです。でも!

だからって「やっぱり渡すのやーめたっ!」なんて諦めないでくださいね!

だって、中には欲しいと思っている人も沢山いるはずですし、片思いの人は恋を進展させるチャンスなのですから!

バレンタインのチョコは手作りが嬉しい?

チョコレートを渡すなら、手造り派ですか?

それとも、市販品派ですか?

バレンタインの時期になると、ショッピングセンターなどでもプレゼント用のチョコレート売り場の特設会場が現れます。

いつもは目にしないような色んなデザインのチョコ達に、見ているだけでワクワクしちゃいますね。

市販のチョコは、選ぶ楽しさがあります。

相手の男性の好みをリサーチして、喜んで貰える逸品を選びたいものです。

手作り派のチョコもオリジナリティがあって良いですね!

でも案外、他人の手作りのモノってちょっと食べるの苦手・・と感じる人がいる事も事実です。

手作りのチョコは市販品とは違う魅力があるんですけどね!嬉しいか?

と聞かれたらそうでもないみたいですよ。

あなたの渡したい男性は、手作りのチョコでも食べてくれそうですか!?

さりげなくチェックしておいた方が良いかもしれません。

まだ話したことのない片思いの相手であれば、市販のチョコを渡したほうが無難です。

バレンタインのチョコの相場っておいくら?

バレンタインに男性に渡すチョコには「義理チョコ」と「本命チョコ」が存在します。

単なる男友達だったり、家族や親せきに渡すチョコは勿論、義理チョコなのですが、あまりにも高級なチョコや手の込んだチョコを渡すと、男友達から(もしかして、コイツ俺のこと・・・照)なんて勘違いされちゃう場合もあるかもしれません。

逆に、本命チョコを義理チョコと勘違いされても悲しいですね。

金額の相場としては義理チョコの場合、100円から500円程度のモノを渡す方が多いようです。

中には、1000円位までの方もいるようですが、義理チョコなので沢山配る為にはあまり高くないモノを選ぶべきですね。

お返し目当てと思われるのも嫌ですしね。

本命チョコは2000円~という人が多いです。

あとは、本命相手(彼氏や夫)には手作りという人も多いかと思います。

義理チョコでも手作りのモノを沢山大量に作って渡す女性もいると思いますが、凝りすぎると本命と勘違いされる可能性があるので注意です。

まとめ

男性にチョコレートを渡す女性の様子
今は、「友チョコ」と言って女の子同士でチョコレートを交換するのが流行っていますよね。

でも、やっぱり昔からバレンタインといえば、女性から男性へ贈るというイメージを持つ方が多いです。

いままで話した事の無い、片思いの相手にも「チョコレートを渡したい!」という熱意があればいつもより少しだけ大胆になれる気がしませんか?

喜んで貰えるかな?

と考える事も大切ですが、まずは本命チョコなら「気持ちを伝えたい!」という自分の素直な気持ちをぶつけてみてはいかがでしょうか。

シェアする

フォローする