菱餅の由来って?色の意味は?食べ方は?ひな祭りの豆知識

雛人形と菱餅と桃の花
ピンク、白、緑の組み合わせのカラーを見ると、ひな祭りを思い浮かべますよね。

ひな祭りには欠かせない菱餅ですが、そもそもなぜこの三色なのか、きちんとした理由があるのはご存知ですか。

調べてみると、菱餅には奥深い歴史がありました。

スポンサードリンク

菱餅の由来って?

菱餅のルーツはよもぎ餅にあります。

昔、中国では「上巳節」という厄払いの行事がありました。

その際、「母子が健やかに過ごせますように」という願いを込めて母子草(ハハコグサ)という草を入れたお餅を食べていました。

これが日本に伝わってきた時、母子草の代わりによもぎを使うようになり、ひな祭りによもぎ餅が食べられるようになりました。

そして江戸時代に、菱の実を入れた白い餅を組み合わせるようになり、2色のものになりました。

白と緑を交互に3段、5段のおもちにしていたようです。

3色になったのは明治時代に入ってからです。

山梔子(さんし)というクチナシの実を入れ、赤色(ピンク色)が加わり、3色になりました。

今の菱餅になるまでに色々な歴史があったんですね。

はじめが2色だったなんて驚きです。

菱餅の色の意味とは?

菱餅カラーの画用紙と桃の花
については、それぞれ意味があります。

スポンサードリンク
  • 緑/よもぎ…厄除け
  • 健康
  • 白/菱の実…子孫繁栄
  • 長寿
  • 清浄
  • 赤(ピンク)/山梔子(クチナシの実)…魔除け
  • 解毒作用

また、順番によって春の情景をあらわす言葉があります。

・下から緑、白、ピンクの場合
「雪の下には新芽(蓬)が芽吹き、桃の花が咲いている」

・下から白、緑、ピンクの場合
「雪の中から新芽(蓬)が芽吹き、桃の花が咲いている」

最近では、華やかさや豪華さを追求して黄色やオレンジ色を加えた5色のものもあります。

黄色は月、オレンジは太陽を表しているようです。

については諸説あり、菱の実を模したという説もあれば、心臓の形であるという説もあります。

菱餅の食べ方ってあるの?

菱餅は雛人形と一緒に飾られますが、お餅でできているので、もちろん食べられます。

食べ方は特に決まりはありませんが、菱餅の角をちぎりながら食べることは「角が立たないよう丸く生きる」という意味が込められています。

食べにくい場合は、切り分けて食べても問題はないようです。

まとめ

菱餅の形をした和菓子
菱餅の由来や意味を知るとすごく奥深いことがわかりますよね。

現在では、ケーキやゼリーなど様々な形で菱餅を表現しているものもあり、子供達にとっては親しみやすい食べ物に変わってきています。

本来の意味とは違ってきますが、形や味が変わっても子供の健やかな成長を願う行事であることには変わりません。

菱餅に込められた意味や由来をぜひ子供達にも伝えていきたいものですね。

スポンサードリンク