小学生の勉強はリビングでする?机の必要性は?教え方のコツは?

鉛筆を持って勉強する小学生の女の子
春から小学校に上がるお子さんがいるお家は、もう入学準備が始まっていると思います。

どのようなスタイルで勉強をさせたらいいか悩みますよね。

勉強をリビングでさせていいのか?

勉強机は買ったほうがいいのか?親が見てあげたほうがいいのか?

など、親御さんの疑問に少しでも参考になればと思います。

スポンサードリンク

小学生の勉強はリビングでするほうがいいの?

リビングで勉強をする小学生の女の子
小学生に上がると、自宅で宿題をすることになります。

最近は勉強や宿題を家族のいるリビングでする子供が増えているそうです。

大切なのは、リビングに限らずどこで勉強したらお子さんにとってやり易い環境かということです。

例えば、怖がりで一人で部屋で勉強ができないとか、一人だとさぼってしまうとか、色々と問題が出てくるものです。

それに最近の宿題は、親が答え合わせやチェックしなくてはいけない部分もあり、必然的に親がいる部屋で勉強することになると思います。

お子さんの性格にもよりますが、小学生、特に小さいうちはまだ不安やわからないことも多いと思いますので、リビングのほうが宿題を進めやすいのではないでしょうか。

小学生の勉強に机は必要ない?

リビングで勉強することが多くなると、次に悩むのが机の必要性です。

昔は入学したら大きな勉強机を購入するのが当たり前でしたね。

最近はリビングで勉強するやり方が広まり、机も必ずしも必要ではないと考える親御さんも増えてきています。

スポンサードリンク

確かに私も自分の机はありましたが、宿題はリビングでやってました。

でも自分の机があると、小さいうちから片付けをすることができます。

自分で自分の場所をきちんと管理させることで、自立に繋がるのだと思います。

我が家は、立派な勉強机は購入しませんでしたが、教科書やランドセルなどを置く場所は必要なので、シンプルで大きくなっても使える机を買いました。

小学生の勉強の教え方のコツ

男の子に勉強を教える母親の様子
学校が始まり宿題を持って帰ってくるようになると、親が答え合わせしたりして面倒を見てあげなければばらない時間が増えるんです。

幼稚園のほうが楽だったな、なんてちょっぴり思っちゃうくらい、親も時間を費やすことになります。

そうやって宿題に付き合っていると、気になりだすのが子どもの苦手分野

そんな時、どんな教え方をすれば子どものヤル気を引き出せるのか?そこを考えたいと思います。

まず、子どもが解いてる途中の問題の、間違いを指摘しない。

間違えていても最後まで解かせてあげてください。子どもの為になりません。

次に、最初から出来なくて当然です。

出来ないからといって「なんで出来ないの?」など否定をしてはいけません。

分からなくて当たり前なんだということを、親御さんは頭にいれておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

小学校入学という新たなスタートは、子どもも親もドキドキわくわくするものですね。

子どもが楽しんで学校に通い、家でも進んで勉強ができる環境を工夫しながら作っていきたいですね!

ちなみに東大合格者はリビングで勉強していた人が多いそうですよ。

スポンサードリンク