結婚式当日の持ち物ゲストは?マナーは?心構えは?

シェアしよう!

装飾がされた結婚式の披露宴会場の様子
みなさんは友人の結婚式にお呼ばれした経験はありますか?

初めて友人の結婚式にゲストとして参加することになったら、当日どのようなことに気をつけたら良いか、ポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク

結婚式当日の持ち物ゲストは?

ご祝儀袋と赤い袱紗
さて、まず気になるのは持ち物ですね。

何を持って参加したら良いのか。

何よりも一番忘れてはならないのが『お祝儀』です。

これは結婚式の前日までに必ず用意しておきましょう。

一般的には友人の結婚式なら3万円をお祝儀袋に入れて持っていきます。

当日忘れてしまっては一番困る物の一つと言えるでしょう。

またできればお祝儀袋は裸で持って行かずに袱紗に包んで持って行きましょう。

当日受付で渡す時に袱紗からお祝儀袋を出して渡すようにします。

カメラも持っていって撮った写真を後で新郎新婦にプレゼントすると喜ばれますが、必ず持って行かなければならないという物でもありません。

逆に大切な式の最中にフラッシュをたいて撮影してしまわないように、持って行く場合は操作に十分注意が必要です。

結婚式のゲスト当日のマナーは?

次に結婚式当日のマナーですが、何よりも大切なのは『挨拶』です。

スポンサードリンク

結婚式や披露宴が行われる会場に到着したら、会場の従業員の方々や受付を担当してくれている新郎新婦の友人の方々など、一人一人に挨拶をするようにしましょう。

受付の新郎新婦の友人に対しても挨拶の言葉は「おめでとうございます」で大丈夫です。

新郎新婦の友人であっても、受付の際は新郎新婦側の立場と考えるからです。

また新郎新婦の両親への挨拶も忘れないようにしましょう。

これも同様に「おめでとうございます」と伝えれば問題ありません。

たいていの場合は披露宴の途中か、披露宴が終わった後に新郎新婦のご両親に挨拶できるタイミングがあるでしょう。

結婚式当日の心構えは?

結婚式で新郎新婦にフラワーシャワーをする様子
最後に結婚式当日の心構えですが、主役である新郎新婦を『心からお祝いする気持ち』を忘れないでおきましょう。

その心構えさえあれば全ての面において失礼なく振る舞うことができるはずです。

当日の主役はあくまでも新郎新婦の二人なので、その二人に華を添える役に徹します。

当日、他のゲストとの会話の中でも新郎新婦以外の人のおめでたい話もしない方が良いでしょう。

その日1日が新郎新婦の二人にとって最高の1日になるよう、心からお祝いする気持ちをもって過ごしましょう。

また常に明るく前向きな話をするようにして、表情も明るく笑顔でいられるよう心掛けると良いです。

まとめ

はじめて結婚式に呼ばれた時は何を持って行けばよいか、どのように振る舞えばよいか分からないものです。

結婚式当日に慌てなくて良いように持ち物は前もって用意しておき、当日は新郎新婦へのお祝いの気持ちを持って誠実に振る舞えばその気持ちは周りの人にも伝わるはずです。

新郎新婦の友人として恥ずかしくない行動を心掛けて、自分自身も楽しんで結婚式に参加して下さいね。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!