安産祈願と戌の日の意味は?何をするの?腹帯とは?

シェアしよう!

安産祈願の破魔矢
子供を産んだ経験のある人はどうしても初産の事を思い出すのではないでしょうか?

なにもかも初めての事ばかりで、喜びは大きいのですが、それと同じくらいの不安もあります。

そこに周囲の人から、安産祈願、戌の日などと言われても戸惑ってしまいます。

今回は初めてのお産で安産祈願、戌の日のことについて、わかり易く解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

安産祈願 戌の日 意味

安産祈願の犬の形をした絵馬
初めての妊娠は嬉しいのですが不安もついてきます。

そんな時に日本では安産祈願というのが昔からあります。

安産祈願の意味は、お産が軽くすみ、そしてお母さんと赤ちゃんの無事を願って行うことを言います。

ではなぜ安産祈願=戌の日となるのでしょうか?

理由は犬は一度にたくさんの子供を産みますが、赤ちゃんを産んでも元気なのでお産が楽だと言われています。

それにあやかって、昔から戌の日に安産祈願を行うのが良いとされていて、現在でも行っている人はとても多いです。

安産祈願、戌の日の祝いは、日本独特のものです。

その理由は昔からある日付けを表す十二支を取り入れているからです。

十二支=12日あるので、戌の日も12日に一回巡ってきます。

この戌の日に安産祈願をすれば無事に赤ちゃんが生まれてくるという訳です。

安産祈願と戌の日には何をするの?

戌の日に安産祈願をすれば、無事に赤ちゃんが生まれてくると上記で説明しましたが、戌の日は12日に一回巡ってきます。

どの日に安産祈願をすれば良いのでしょうか?

そしてどんなお祝いをすれば良いのでしょうか?

一番良いとされているのが、妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に安産祈願をすることです。

しかし、5ヶ月目に入り安定期といっっても体調の悪い時に無理に参拝するのはお勧めできません。

戌の日も12日に一回ありますので、体調の良い日を選び参拝するほうが良いと思います。

スポンサードリンク

では戌の日の安産祈願に何をすればよいかという事なのですが、一般的には神社やお寺に参拝します。

参拝する時に腹帯を持っていき祈祷をしてもらう場合と神社で購入する場合があります。

その祈祷してもらった腹帯を家に持ち帰りお腹に巻きます。

神社で購入する場合は殆どがさらしの腹帯なので、最近ではその日だけ儀式として巻き、後は自分で購入したコルセットタイプなどを使っている場合が多いです。

安産祈願の戌の日にする腹帯の意味と種類は?

安産祈願のお守りと腹帯
今まで説明してきたとおり腹帯を戌の日に巻き、無事出産できるように願う事が安産祈願でした。

でもなぜ腹帯が必要なのでしょうか?

腹帯を巻くことは昔からの習慣や儀式だけではなく、お腹にも必要なことなので説明しておきますね。

一つ目はお腹の冷えを守ることです。

妊婦になった事で身体の変化もあり、身体が変にほてっていたり、手足が冷えたりと温度差を感じることが多くなってきます。

その為お腹も知らないうちに冷えてしまっている場合があるので、腹帯を巻いて過ごす事でお腹の冷えを防ぎ体調を整えてくれます。

二つ目は骨盤を安定させる為です。

5ヶ月を過ぎるとお腹はどんどん大きくなっていき、骨盤を支える必要があります。

腹帯を巻くことで不安定な骨盤を支えてくれ、腰にも負担が少なくなります。

腹帯を巻くことでお母さんと生まれてくる赤ちゃんを守ることができるのです。

しかし最近では腹帯(さらし)以外の物を使用するほうが多くなってきているので紹介します。

・マタニティガードル(ショーツやガードルと腹帯が一体となっており、身体にフィットしていて動いてもずれないので仕事をしている人が使う場合が多いです)
・コルセット(腹巻型で取り外しがマジックテープなので簡単に着脱でき人気があります)
・サポートベルト(下からお腹を支えるタイプで取り外しが簡単なのと、場所を選んで使用できるので人気です)
・補助腹帯(腹巻の中に補助帯が内蔵されているタイプです)

まとめ

妊娠したことで、自分とおなかの赤ちゃんを守ることが必要となるため、神頼みも必要になってきますよね。

日本独特の風習ですが、私は大事なことだと思います。

自分を思ってくれる人と一緒に参拝してみるのも気持ちが落ち着いて、安心してお産に迎えると思います。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!