アウトドアテーブルバーべキュー用の選び方?イスは?高さも大事?

青天の公園でバーベキューを楽しむ家族の様子
外で過ごすのが気持ちいい季節になったら、家族で山や川に公園にアウトドアに出かけたいですね。

まだ山登りなどが難しい小さいお子さんのいるご家庭でも、ちょっと車で行ってバーべーキューをするくらいならチャレンジできそうです。騒がしくして人に気兼ねすることもないですし、外で食べる食事ってなんとも不思議に美味しいものです。

スポンサードリンク

アウトドアのテーブルをバーべキュー用に買う時のポイントは?

屋外でバーベキューをする家族連れの様子
ゆっくりするにはやっぱり自前のテーブルが欲しいですよね。
アウトドア用品ってどれもかっこよく見えますが、いろいろあるので迷います。

バーべーキュー(BBQ)で使うテーブル選びで気を付けないといけないのが、お子さんが一人で座って食べれる形状になっているかです。
たとえばテーブルとイスがくっついているピクニックテーブルは机との距離が遠く調節できないので、子供が小さいと座っても机が使えず不便です。

またBBQでは紙皿にタレをのせたり熱いものを食べたりするので、きちんとお皿を置けた方が何かと安心です。
ロールタイプのテーブルは背負っていけるくらい軽いし小さくなるので便利なのですが、ガタガタするので紙コップなどは倒れやすいです。

アウトドアのテーブルとイスはどんなセットで買う?

アウトドア用のテーブルとイスセットで売っていることが多いです。
テーブルとイスが両方アルミの固い素材のものと、イスだけが布張りのものとありますが、背もたれがない布張りのイスよりは固い素材のイスの方が家族連れには向いています。

スポンサードリンク

布張りの小さなイスは中央が沈んで座りにくかったり、子供が乗っかって椅子ごと倒れたりして少し危ないです。布張りの背もたれと肘掛がある椅子は外でのんびりするのにとてもいいのですが、固い素材のセットを買ったうえで追加で購入でもいいかと思います。

しっかりとした強度のある椅子は踏み台や調理時の物置にも使えるので何かと重宝します。子供が大きくなってきたら別の用途でも使うようになるでしょう。

アウトドアのテーブルの高さは何センチがいい?

青い巻き尺(メジャー)
一般的に売られているアウトドアのテーブルの高さは多くは70cmです。折りたたみ式のものは足の部分を調節して30cmのローテーブルにもできるようなものも多いです。

70cmのテーブルの場合上にバーべキュー用のコンロを置くとすると高すぎるので、真中が一段下がった専用のテーブルも売っています。子供が小さいと特にこの70cmのテーブルが食事をするにも高く、高さが60cmのもののほうがちょうどよく使えます。
3段階・4段階に調節できるものがあるのでそういったものを使うか、別売りの足を付けると一番快適ですね。

しかしイスと一緒に買うと高いしもったいないという場合は、いっそ子供が小さいうちは30cm~40cmのローテーブルを使ってバーべキューコンロを無煙の安全なものにしてしまってもいいかもしれません。
ローテーブルならお花見や運動会でも活躍できますし、お絵かきしたりするのにも使えます。

まとめ

BBQで使うアウトドアのテーブルについて選ぶコツをまとめてみました。
小さな子供は外でBBQとなったらはしゃぐし元気いっぱい走り回るので、なるべく安全に楽しく過ごせるように気を付けてあげたいですね。青い空ときれいな緑の下で家族で過ごす一日が素敵な思い出になりますように。

スポンサードリンク