100均で収納するには突っ張り棒がいい?キッチンも?棚を作る?

すっきりと収納されたキッチンの様子
主婦ならきっと憧れる、収納上手。

使いたいものをさっと取り出せる環境ってとても快適ですし、見た目も気持ちいいですよね。

しかし実際は収納扉を開けると物がごちゃごちゃしてしまいがちです。

そこでおすすめなのが100均にある突っ張り棒です。

今回は100均の突っ張り棒を使った上手な収納術をご紹介します。

スポンサードリンク

100均で収納するには突っ張り棒がいい?

扉が開けられた洗面台の下の収納スペース
「えっ!?」と思った方もいるかもしれませんが、突っ張り棒があれば収納スペースを増やすことができてしまうんです。

突っ張り棒と言えば少し前にカーテンレールにして目隠しにするというものが流行りましたが、今は様々な収納に使うのがブームです。

突っ張り棒の便利なところは、壁さえあればそこに収納場所を作ることができる事です。

簡単なものですと、洗面台下の収納スペースに突っ張り棒を渡し、S字フックを吊り下げる。

なんとこれだけで完成です!

掃除道具などをひっかけておくと、必要なものがすぐに目に入りさっと取り出せますね。

キッチンの収納も突っ張り棒でできる?

キッチンでガッツポーズをする女性の様子
物が多く散らかってしまいがちなのがキッチンです。

スポンサードリンク

そこにも突っ張り棒を取り入れて、快適なキッチンを作りましょう!

まずごちゃごちゃしてしまいやすいのがラップやホイル、フリーザーバッグなどの細長い物ですね。

そこで少し狭めのキッチン収納スペースに手前と奥に2本突っ張り棒を渡し、そこにラップ類を並べて置いてみましょう。

いかがでしょうか。

ずいぶん見栄えも良くなりましたし取り出しやすくなりましたね。

他にも、縦に2本並べて突っ張り棒を取り付け、その間にワイヤーラックを結束バンドなどで固定します。

好きな場所にS字フックを付けるとひっかけるタイプの収納に早変わりです。

収納なら突っ張り棒で棚を作る?

なんと突っ張り棒は棚まで作り上げてしまいます。

キッチンでラップ類を収納したときのように手前と奥に2本突っ張り棒を渡し、その上にちょうど良い長さと幅の板を乗せます。

たったこれだけで棚の出来上がりです。

L字になった板を乗せると突っ張り棒が見えず本物の棚のように仕上がりますし、ワイヤーラックを乗せるとS字フックと組み合わせて棚としてだけではなく引っ掛ける収納としても使えますね。

まとめ

様々な突っ張り棒の使い方を紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

気軽に手に入る突っ張り棒。

もしかすると使っていないものが家の中で眠っているかもしれませんね。

ぜひ有効活用させて、快適に暮らせる収納上手なおうちを目指してくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする