赤ちゃんの紫外線対策はいつから?肌荒れのときは?ベビーカーはも?

シェアしよう!

窓際で抱き上げた赤ちゃんを見つめる母親
子供の紫外線対策ってみんないつからしているの?

「昔の子はみんなしていなかったし、あなただってしてないから、大丈夫よ」
と母親はいうのよね。

でも周りのママ友の話を聞いているとこうなの。
「昔に比べて気温も高くなっているし、日差しがきついからしてあげないとガンになる」

スポンサードリンク

紫外線対策 いつから?

日焼け止めを掌の上に出している様子
まず、紫外線対策をいつからする必要があるの?というところから見ていきましょう。

基本的に、生後2ヶ月以降とされているようです。
つまり原則として生後2ヶ月までは、日焼け止めは使用しないとされています。
ただし、出来ることなら生後6ヶ月ぐらいまでは日焼け止めは控えましょう。

それは日焼け止めに含まれる成分が、新生児に与える影響の大きさを懸念してのことです。
日焼け止めのタイプにもよるのですが、紫外線吸収剤を含んでいるものだと、まだ抵抗力が低い赤ちゃんの肌には非常に危険だからです。

また、生後6ヶ月以降であればどんどん塗ればいいのかといえば、体の事を考えるとそうでもありません。

10時から15時の紫外線がきつい時間帯に、20分以上外に出る場合は紫外線対策をするべきなのです。
日焼け止めの成分の副作用と、紫外線によるダメージを比べると、この境界線を越えると後者が強くなってしまうからです。

スポンサードリンク

赤ちゃんに使用する日焼け止めは、紫外線吸収剤ではなく、紫外線反射材を含んでいるものがおすすめです。

紫外線対策 肌荒れでも塗るべき?

次に、肌荒れがあるときにも紫外線対策をした方がいいのかという事についてみていきましょう。

例えば、湿疹が出ているとき、汗疹ができているとき、そんな肌の状況に日焼け止めに副作用はないのかと不安になりますよね。

まず日焼け止めうんぬんの前に、湿疹や汗疹などが出ているときは、日に当たること自体がよくありません。

また、日焼け止めをすると皮膚に蓋をしてしまうので、呼吸が出来なくなってしまい湿疹などの治りも悪くなりますので、使用は控えましょう。

陽にあたって汗をかいて痒みでひっかき、傷ができてしまい、ばい菌が入ると怖いですものね。

赤ちゃんの紫外線対策はベビーカーも忘れずに?

ベビーカーの中で眠る赤ちゃんの様子
日焼け止め以外の紫外線対策として、ベビーカーに乗せているときの日よけが必須となります。

ベビーカーの日よけや帽子はもちろんカバーも出来るだけつばが広く、赤ちゃんをすっぽりと覆ってあげられるものがいいでしょう。
ただ、赤ちゃんもじっとはしていないので、足や手をだらんと出していたり、その部位が無防備なことも多いものです。

そこで、ベビーカーごと覆うネットをかぶせてあげると、より効果的ですよ。

まとめ

赤ちゃんの紫外線対策で日焼け止めを使用する場合は、生後6ヶ月以降から1日1回程度で行いましょう。
ただ、それ以前に帽子やベビーカーグッズを利用して紫外線から赤ちゃんを守ってあげるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!