端午の節句の兜の由来は?武将が人気?いつ飾るといいの?

端午の節句に飾られた兜とこいのぼりのぬいぐるみを持った男の子
端午の節句の初節句は、男の子が生まれて初めて迎える特別な節句ですよね。

大事な行事ですから、お母さん・お父さん・祖父母でお祝いしたいと願う人も多いと思います。

男の子には、端午の節句に兜を買って飾っていますよね。

兜をこれから買おうと思っている人は、どんなものを買えばいいか悩んでしまいますよね。

どんなものが選ばれているか、また、兜の由来や意味などをまとめてみました。

スポンサードリンク

端午の節句の兜の由来は?

千代紙の上に置かれた和紙で作られた兜
端午の節句に兜を飾るのは、どうしてなんでしょう?

代々伝わることなんでしょうが、兜を飾るのには鎧兜が子供を病気や災いから守るという意味が込められているそうです。

昔は、端午の節句は邪気払いや厄除けの日とされてきました。

雨季に入る前は病気にかかりやすかったそうで、そのために厄払いが必要とされてきたのです。

武家社会では、家の外に旗やのぼりを立てることで厄除けをしていました。

武士にとって兜は体を守るとても大切な役割をするものです。

そういった兜は、外からくる災いを防いでくれるものとして飾られていました。

そこに「子供を病気や災いから守ってくれる」願いが込められるようになったそうです。

それが、端午の節句のこどもの日に行われるようになりました。

端午の節句の兜の由来はわかりましたが、この兜自体はもっと昔からどの時代でも戦のときに使われてきたものです。

もっとも狙われやすくて危険な場所である頭を守る物として、古くから使われていました。

日本では古代の古墳の中から多くの兜の形をとどめるものが見つかっており、歴史はかなり古いようです。

そしてこどもの日に飾られるのも、兜だけ飾るということはあっても鎧だけ飾るということはありません。

必ず兜がセットになってきます。

それだけ兜は防御するにあたって重要なものと考えられてきたのです。

端午の節句の兜の武将で選ぶ?

伊達政宗スタイルの兜
端午の節句の兜を買いに行こうとお店に行くと、兜の武将の種類が色々あるのに気付かれた方もいるかもしれません。

武将によってどんな意味があるのでしょう?

どの武将がいいのか?

悩んでしまいますよね。

スポンサードリンク

みなさん武将で兜を選んだりしているんでしょうか?

実際のところどうでしょう?

私は、武将とかそういうのは気にせずにデザインや色などで決めてしまいました。

でもそんな人は意外と多いみたいです、今ですと、伊達正宗や直江兼続などが人気だそうです。

伊達正宗は文武両道の武将として最も人気なんだとか。

他にもおなじみの戦国武将である織田信長、上杉謙信、武田信玄も人気があるそうです。

それぞれ個性的で美しいデザインなので、見た目で好みのものを選ぶ人が多いようです。

五月人形

ところで五月人形と兜はどちらも購入するものなんでしょうか?

私が小さいとき、兄の五月人形と年季の入った兜の両方があった記憶がありますが、実際はどちらかだけで大丈夫なようです。

五月人形は、若大将と飾り台や屏風があるようなもののことで、それ単体で主役となるそうです。

なので、ここからさらに兜も購入しなくてはいけないということはないです。

好みで選んでみてはどうでしょうか。

私は、兜のほうが恰好よかったので息子には兜を買ってもらいましたよ!

そして買ってもらった親はどちらの親か?

という疑問もあると思いますが、うちは私(嫁)の両親からいただきました。

昔の文化?では嫁の両親から贈るものとされているそうですが、地域によって違うのかもしれませんし、現代ではあまり気にされてないみたいですね。

両方の親が折半したり、どちらかが兜でどちらかが鯉のぼりというような形をとっているお家もあるみたいですね!

端午の節句の兜のいつ飾る?

端午の節句の兜や五月人形はいつから飾るのでしょうか?

特に決まりがないそうですが、だいたいの目安として春分の日を過ぎたくらいが飾る時期ですね。

4月中旬くらいでしょうか?

まぁだいたいそれくらいの時期になったら「そろそろださなきゃ!」という気持ちになりますよね。

そして片づける時期ですが…ひな人形の場合は、遅れると嫁に行くのが遅れるとか言われてましたが、実際のところは特に決まりはないみたいですね。

節句の祝いが終わったら、時間を見つけて片づけるのが普通なのかなぁと思います。

ただアパートだったり収納が少ないという家もありますし、年中飾ってあるというお家もあると思いますし、それがだめだということもないみたいです!

でも出しっぱなしの場合はほこりや傷に注意が必要ですね!

まとめ

端午の節句の兜の由来も、知らずに飾っているより、なんとなくでも由来はこうなんだとわかったうえで飾っているほうがいいですね。

子供を思う親の気持ちは昔から変わらず、健やかな成長を願っていたんだなぁと思いました。

そしてこの端午の節句はこれから先も受け継がれていく行事なんですね。

スポンサードリンク