猫は暑さに強い弱いどっち?暑さの対策にエアコンは必要なの?

フローリングの床に寝転がる猫の様子
最近の夏の暑さは尋常ではありませんよね。

人間が倒れてしまうくらいの暑さなのに、毛皮を着こんだ猫は暑くないのかと思われる人が多いと思います。

それに、汗腺が無いので人間みたいに汗を出すわけでもありません。

冬はこたつにもぐって出て来ない位なので、ひょっとしたら暑さには強いのでは?

スポンサードリンク

猫は暑さに弱い?

フローリングに敷かれたマットの上で寝る猫
犬は暑い時に、口を開けてゼーゼー言ってる姿よく見かけますよね。

猫は鼻呼吸なので口を開けることはあまりありません。

ですが夏の暑い時、寝ている猫の姿をよく見ますと、口が半開きになっている事が多々あります。

それにフローリングやタイルなど、冷たい素材の上にいます。

断言します。猫は暑さには弱いです。

夏の暑い時に、どこに行った?と探してみると、風の通りの良いところで影の部分に全身をぐぐーっと伸ばして放熱?しています。

エアコンのスイッチ音がしましたら、一瞬のうちに一番冷気が届く位置に陣取りお腹を冷気に向けてこれ以上体が伸びない位に伸びて冷気が届くのを待っています。

ですので、やっぱり猫は暑さには弱いのです。

外出する時は猫の為にエアコンをつけてあげてるほうがいいの?

リモコンで28度にエアコンを設定する様子
夏の日中、猫を置いての外出ですが暑い中、お留守番させるのはかわいそうですよね。

帰宅したら脱水症状起こしていたなんて嫌ですものね。

では、窓を開けて行ってあげる?

それは防犯上絶対に危険です。

だからと言って、エアコンをつけての外出は経済的にも厳しいものがあります。

スポンサードリンク

じゃあ、扇風機をつけておく。

ところが扇風機は以外にモーター部分に熱を持ちます。

この微妙な熱はこもりやすいのです。

しかも直接あたる風は猫は嫌うのでお勧めしません。

ではやっぱりエアコンをつけての外出?となってしまいますね。

留守の時に室内が40℃を上回る部屋でない限り、エアコンは必要ないと思います。

でも、どうしてもかわいそうと思われるのであれば、冷房で28℃の弱に設定してエアコンをつけてあげると、外出していても気にならないとは思います。
ただ、お財布にはきついですが。

猫にとっての暑さ対策は?

犬でよく見かけますが、暑いので毛をサマーカットにしていますよね。

うちの猫も、毛が暑そうだから、サマーカットしようかしら?

なんてこと考えたことありますか?

けれど、猫にはサマーカットはお勧めいたしません。これは大変なストレスになってしまいます。

時間のある時に、まめにブラッシングしてあげて、中の細かい毛を取ってあげるだけでも違います。季節の変わり目に冬毛が抜け始めるころからせっせとブラッシングをしてあげると良いでしょう。部屋の汚れも違ってきます。

お水も冷たいものをと思い、冷蔵庫のお水をあげるのも止めたほうがいいです。

猫舌は暑いものだけでなく、冷たいものも猫舌になります。

一度飲もうとしたお水がびっくりするほど冷たかった事を覚えて、水を飲むときにびくびくしてしまいます。

常温のお水を与えてやり、暑ければどんどん飲んで何度もトイレに行っての繰り返しで体温を調整するので、まめにトイレの砂のチェックをしてあげるほうがいいです。

まとめ

最近は春がなくなって、いきなり夏になってしまうように思いますね。

少し暑くなったからエアコンつけてしまうとその後はエアコンなしでは過ごせなくなってしまいます。

猫も同じです。ちょっと暑いときは一緒に我慢しましょう。

人間は暑くなったら、短パンにタンクトップなどと軽装になればいいですが猫は毛皮を脱ぐわけにはいきません。

もともと野生の生き物です。色々な困難な状況も対処できるはずです。

あまり過保護にならず、楽しんで季節を感じる生活を共に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする