猫って夏は暑いの?夏毛と冬毛がある?夏バテはしないの?

窓際にいる子猫とひまわりの花
夏、猫は暑さを我慢できるのか?

ただでさえ体中毛で覆われていて暑そうなのにましてや、ここ最近の夏の暑さは人間の体温を上回るほどの暑さです。

なんとか、猫に夏を快適に過ごしてもらいたいですね。

ではどのように暑さ対策をすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

猫って夏は暑いの?

猫は暑いときには部屋の涼しいところを探してそこにいます。

よくあるのが、玄関や、お風呂場ですが、玄関は良しとしてお風呂場は危険がいっぱいなのでなるべく入れないほうがいいでしょう。

猫の体温は人間の体温より少し高いので、ある程度の暑さまでは我慢できます。

けれど、ここ最近の夏の暑さは人間の体温を上回るくらいの暑さです。

いくら猫の体温が人間より高いからといっても猫にも限界があります。

冬寒いときは毛布にくるまって暖をとれますが、暑い夏は猫にとってはとても過ごしにくい季節であることは間違いありません。

猫には夏毛と冬毛がある?

毛足の長い猫をブラッシングしている様子
猫のお腹などよく見てみると、硬い毛の中にふわふわの柔らかい毛があります。

これは冬場の寒さを守るための毛で、暖かくなると一気に抜け落ちます。

ですので、まめにブラッシングをしてあげてください。

こんなに抜けて大丈夫?

スポンサードリンク

と思うほど、ブラシをかけてもかけても毛が抜けると思いますが、猫が自分で毛づくろいをする時にこの大量の抜け毛がお腹の中にたまり、病気になるときもあります。

猫草など食べて、自分で飲み込んだ抜け毛を吐いてくれればいいのですが、なかなかそうもいきません。

体感温度を下げさせてあげるためにも、余分な毛はブラッシングでしっかり除去してあげてください。

きりがないかもしれませんが。

猫は夏バテはしない?

プラスチックの容器から水を飲む猫の様子
猫によって違いますが夏バテはあまりしません。

多少食欲が落ちたりする時もありますが、暑さで動かない分体力を消耗しないので特に気にする必要はありません。

ただし、お水だけはしっかりと与えることが大切です。

数か所に分けて水を飲みやすい環境を作ってあげ、お水はなくなったら補充するのではなく、朝晩きちんと入れ物を洗ってあげて新鮮なお水を入れてあげてください。

その時に冷水ではなく、常温のお水がお勧めです。

お水を飲む分、トイレに行く回数も増えるので、トイレの掃除もまめにしてあげることも忘れないように。

常日頃様子を見て、ぐったりしてる・下痢気味など、いつもと違う様子でしたら、至急病院に連れて行ってください。

まとめ

暑いのは我慢できますが暑すぎるのはちょっと。

人間もダウンするのに猫のほうが暑いに決まってますよね。

今、冷涼グッズなど、色々な商品が巷に出ていますが、猫は新しい物にすぐには馴染めません。

グッズに頼る前にちょっとした対策を試みてください。

そのうち暑さにも慣れてくれるかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする