敏感肌の日焼け止めおすすめは紫外線吸収剤と散乱剤の違い?紫外線吸収剤使用でも低刺激なのは?

腕に日焼け止めを塗る女性の様子
敏感肌の方は、お肌に直接つけるものは出来るだけ刺激の少ないモノを選びたいですよね。

私自身も、時期によっては髪が肌に触れるだけで痒くなったりするような敏感肌です。

そんな敏感肌の方に、まもなく訪れる夏の「日焼け止めアイテム」をご紹介します。

スポンサードリンク

敏感肌の日焼け止めでおすすめは?

頬に指を当てて悩む女性の様子
敏感肌用のメーカーというと、私は「NOV」や「キュレル」が思い浮かびます。

おなじみの「NOV」も「キュレル」も敏感肌用の日焼け止めを扱っています。

  • 「NOV」
  • 「NOV」の日焼け止めは無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用との事で、お肌への負担が軽くなっています。
    そして、一部を除いてはウォータープルーフタイプになっていますが、石鹸などで洗い流す事が出来ます。
    強力な日焼け止めは石鹸だけでは落ちにくいモノもあるので、水に強いのに簡単に落とせるのは嬉しいですよね。

  • 「キュレル」
  • 「キュレル」の日焼け止めも無香料・無着色、そしてアルコールフリーです。
    こちらも紫外線吸収剤は不使用のようです。
    そして、日焼け止め防止の効果の他に乾燥を防ぐ働きもしてくれるようです。
    ですので、敏感肌で乾燥肌という方にはとっても良さそうですね。

紫外線吸収剤が入っていないほうがお肌に負担が少ないのはどうしてなのか、理解しておきましょう。

日焼け止めの紫外線吸収剤と散乱剤とは?

日焼け止めの中には、紫外線を防ぐ為に「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」のどちらかが使用されています。

紫外線吸収剤はお肌の上で化学反応を起こすことで日焼けを防ぐという仕組みです。

この紫外線吸収剤は白浮きしにくいというメリットがありますが、お肌の上で化学反応を起こすという点からも刺激は強め。

スポンサードリンク

一方、敏感肌の方にお勧めなのは、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めです。

こちらは、紫外線を反射させる事でお肌を守ってくれるもので、成分も自然のモノを使用している場合が多いのです。

所謂、ノンケミカルというタイプのモノになり低刺激で敏感肌の方にお勧めです。

しかし、何度も塗り直しが必要だったり白浮きしやすいなどのデメリットもあります。

そして、敏感肌の方は他にも無香料・無着色などなるべく刺激になるようなものが入っていない日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

次項では、もうひとつおすすめ商品をご紹介します。

ドクターシーラボの日焼け止めで敏感肌向けは?

紫外線吸収剤は、敏感肌用の日焼け止めには配合されていない事が多いですが、「ドクターシーラボ」の日焼け止めは紫外線吸収剤が配合されているにもかかわらず低刺激という商品があります。

ホームページによりますと、香料・着色料・鉱物油・アルコール・防腐剤・石油系界面活性剤が不使用で、紫外線吸着剤を特殊なシリコンでコーティングする事で、低刺激が実現しているとしています。

赤ちゃんにも使用できるとあるので、これなら敏感肌の方でも安心して使用できそうですよね。

まとめ

晴れた日に日傘をさす女性の様子
真夏の日差しが強い日にはなるべく外を歩かないという事が一番の日焼け対策かと思いますが、外を歩かないといけない場合には、日焼け止めだけでは無く日傘なども併用しましょう。

日傘は内側が黒くなっている物の方が、地面からの照り返しを防ぐことができるそうです。

日焼け止めも、海へ行くときに使用するような、絶対に焼きたくない人用のモノは、落ちにくくて日焼けもしにくく重宝するとは思いますが、敏感肌の方には不向きです。

ですので、敏感肌用の日焼け止めをこまめに塗る事が一番お肌に負担が少ない方法なのかなと感じました。

お肌につけるものなので、まずは試供品や店頭で少し試してみてから購入すると良いでしょう♪

スポンサードリンク

シェアする

フォローする