猫の爪とぎ対策シートってどう?おすすめの方法は?

爪とぎをしている猫の様子
猫は可愛いけれど、家じゅうの壁紙や柱で爪をといでボロボロにされてしまうのは困りますよね。

猫は狩猟本能がある為爪を砥ぐのはいつも爪をピカピカにしておきたいと言う本能から来ています。

これを止めろと躾けるのには無理があります。

ではどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

猫の爪とぎ対策シートってどう?

壁や柱の爪とぎ対策に、防止シートなどが販売されていますよね。

結論から言うと、お部屋全体にシートを貼るのはお金と労力の面からおすすめしません。

費用が掛かるわりに猫がおもいっきり爪とぎをするとボロボロになるので、張替が必要になります。正直、飼い主のほうが続きません。

それよりも、もっとおすすめの方法があります。

猫の爪とぎ対策は?

爪とぎしてもいいものを与えて、それでストレス解消してもらうのです。

爪とぎの場所を決めて躾ける事は出来ますので、そこから始めましょう。

ただ猫にも好き嫌いがあります。

段ボールで出来た物が好きな猫、麻布で出来た物が好きな猫、キャンパス生地で出来た物が好きな猫、籐の家具が好きな猫、ザラッとした布で出来た物が好きな猫、革製品が好きな猫等々・・・

スポンサードリンク

100匹いたら100通り好きな素材があります。

まずあなたの飼ってる猫ちゃんが好きな素材を見つけてみましょう。

付いてしまった傷は修理しないとどうにもできません。

上記の爪とぎグッズはペットショップで売っていますので、これ以上傷が付かない為にも、爪とぎの場所を決めて置いてあげて下さい。

そしてどんな素材が好きなのか見極めてあげて、それを壁に吊るしたり、床に置くなどしてあげて下さい。

猫の爪とぎ おすすめは?

マタタビで遊ぶ猫の様子
猫の爪とぎには、おまえにまたたびが付いている物があります。

またたびが嫌いな猫もたまに居ますが、だいたいの猫はまたたびを喜びます。

またたびを爪とぎグッズに付けて猫に渡してみて下さい。ほら猫が寄ってきますよ~

ウチの猫はまたたびを舐めてその爪とぎが大好きになります。

(固定してあげて下さい、動くと猫は爪とぎをしなくなります)

まとめ

大好きな爪とぎスポットがあれば他の場所ではしなくなります。

また、して欲しくない場所で爪とぎをされてしまったときは、新聞紙を丸めて床を叩くなどして大きな音を出して躾をしてみましょう。

猫は大きな音を嫌うので、この場所で爪をとぐと嫌なことが起こると学習します。

それから爪切りも必須ですのでお忘れなく!

スポンサードリンク

シェアする

フォローする