自由研究 小学生が1週間で完成させるコツ!進め方とまとめ方 模造紙の場合

ひまわりを虫眼鏡で見ている女の子の様子
夏休みも残り1週間、終わらない宿題に焦りが出始める頃です。

なんと言っても悩みの種は自由研究ですよね。

この記事では、小学生が1週間で自由研究を仕上げるコツをご紹介します。

元教員のママ友に教えてもらったお墨付きの内容ですから、ぜひ最後までご覧いただき、お役立てください!

スポンサードリンク

自由研究 小学生が1週間で完成させるコツ!

リビングで勉強をする小学生の女の子とそれを見守る両親
身近な野菜や果物をテーマに、お店の人にインタビューしたりして、小学生らしくありのままの自分の言葉でまとめていく自由研究をご紹介します。

ポイントをおさえてお伝えしていきますので難しくないです。安心してくださいね。

お子さんがこの夏たくさん食べた果物は何でしたか?

夏休み中にスイカをたくさん食べた人や、スイカが大好きな人はスイカをテーマに選んでみましょう。

ここでは、スイカを例に挙げていますが、メロンやもも、トマト、トウモロコシなど、夏が旬の果物や野菜をテーマに掲げてもいいでしょう。

準備するものは、模造紙、マジックなど。これだけです。

それでは早速、1週間分のスケジュール順に進め方をご紹介していきましょう。

自由研究 小学生の進め方は?

  • 1日目
  • テーマについて、具体的に「何を?」「どのように調べるか?」を考えましょう。

「何を?」とは、例えば、

  • 「スイカの品種」
  • 「おいしいスイカの見分け方」
  • 「スイカが店頭に並ぶまでの流通の仕方」
  • 「スイカの食べ方いろいろ」
  • 「スイカの生り方(なりかた)」

など、おもしろそうだ!調べてみたい!と思ったことを2つくらい考えましょう。

「どのように調べるか?」は、

  • 「身近な人(家族や近所の人、親戚の人)や詳しい人(お店の人や農家の人)に直接聞くか、電話で聞く方法」
  • 「実際にお店に行って調べる方法」
  • 「図書館に行って調べる方法」
  • 「インターネットで調べる方法」
  • 「実際に食べてみる、作ってみる、観察してみる、育ててみる」

などの方法が考えられますね。

ここでは、「スイカの品種」を図書館とお店に行って調べる方法と、「おいしいスイカの見分け方」をお店の人に聞く方法で進めていきます。

次に、模造紙に、『スイカ博士になろう!~スイカの品種とおいしいスイカの見分け方~』というふうに、テーマとサブタイトルを大きく見やすく書きましょう。

そして、なぜそのようなテーマにしたのか、その理由を書きましょう。

例えば、「ぼくは、夏休みにおばあちゃんの家に行き、毎日お腹いっぱいスイカを食べました。そこで、スイカに興味を持ち、どのような種類(品種)があるのか、おいしいスイカの見分け方を知りたくなり、自由研究のテーマにしました。」などと、素直に自分の言葉で書くといいですね。

  • 2~5日目
  • 2~5日目は、実際にお店や図書館に行って調べてみましょう。

スポンサードリンク
  • 図書館でスイカの品種を調べるとき
  • 果物の図鑑を探して書き写すか、該当するページをコピーするといいですね。

  • お店でスイカの品種やおいしいスイカの見分け方を質問したいとき
  • お店の人に「夏休みの自由研究でスイカについて調べているのですが、質問してもいいですか?」と聞いてから、質問しましょう。

    前もって質問することを紙に書いておくことと、教えてもらったことをメモするためにメモ帳と筆記用具を忘れずに持っていきましょう。

また、おうちの人と相談して、決められた予算内で実際にスイカを買って、食べてみるのもいいですね。

最後の2日間でまとめましょう。模造紙でのまとめ方をご紹介しますよ。

自由研究 小学生のまとめ方 模造紙では?

  • 6・7日目
  • 調べたことを模造紙にまとめます。

下の表のようにまとめると、調べた方法やわかったことが一目でわかり、見やすいですね。

調べること  スイカの品種
調べた方法  図書館の図鑑で調べました
わかったこと 〇〇(スイカの品種)・・・絵かコピーした写真
       △△(スイカの品種)・・・絵かコピーした写真
       ××(スイカの品種)・・・絵かコピーした写真

調べること  スイカの品種
調べた方法  お店の人に質問して調べました。
わかったこと 〇〇(スイカの品種)・・・絵か写真
       △△(スイカの品種)・・・絵か写真
       ××(スイカの品種)・・・絵か写真

調べること  おいしいスイカの見分け方
調べた方法  お店の人に質問して調べました。
わかったこと ・スイカのつるがついていた部分が・・・。
       ・スイカの皮の黒い模様が・・・。

このようにメモをとったものを模造紙にまとめると、下の表のようになります。

自由研究の模造紙へのまとめ方

最後に、調べてわかったことや感想を書きましょう。

例えば、「スイカの品種が、予想していたよりもたくさんあってびっくりしました。」「お店の人においしいスイカの見分け方をきいたので、他のみんなにも教えてあげたいと思いました。」「お店の人に質問するのがドキドキしました。」など、自分の言葉で素直に書くといいですね。

高学年の人は、社会科で勉強したことを活かして、スイカの生産地を品種ごとに地図で示したり、算数で勉強したことを活かして、品種ごとの生産量を調べてグラフに表すなど、学校の学習と関連したまとめ方もできますね。

まとめ

ガッツポーズをする母親と女の子
このように、身近な野菜や果物をテーマに、たった1週間でもしっかりした自由研究が完成できます。

自分の目と耳で感じたこと、お店の人にインタビューしたり図書館で調べたりして自分の足で得た情報、これらを自分の素直な言葉でまとめることが大事ですね。

ぜひ今日からスタートしてみてくださいね!

スポンサードリンク