諏訪湖祭湖上花火大会の観覧席チケットは?ホテルは?アクセスは?

諏訪湖祭湖上花火大会の水上花火の様子
毎年大規模に開催される、諏訪湖祭湖上花火大会。

この日だけでなんと、約50万人もの人手になるそうですね。

これだけの人手となれば花火も見えにくそうですが、なんとかいい場所で観たいものですよね。

今年の有料観覧席の情報など調べましたので、参考にご覧ください。

有料観覧席は事前入手のものから当日購入できるものまで各種ありますので、諦めるのはまだ早いですよ!

スポンサードリンク

諏訪湖祭湖上花火大会の観覧席チケットは?

有料観覧席のチケットは1種類だけでなく、発売日など種類により異なります。

  • 有料自由席 石彫公園・湖畔公園(約3000席)
  • 初島を正面にして中央から左側が石彫公園、右側が湖畔公園のチケットになります。

    <料金>
    大人一人3000円。

    <発売日>
    7月29日(金)午前8時半から。(前売りのみの販売です。)

    <発売場所>
    諏訪市文化センターでの販売になるため、県外の方の購入は難しそうです。

  • ローソンチケット委託販売による有料自由席(約6900席)
  • <料金>
    石彫公園・湖畔公園共に大人一人3500円(手数料込)。

    <発売日>
    8月1日(月)午前10時~午後11時59分まで。
    ※発売日のみ電話受付になっているので注意が必要です。

    <発売方法>
    発売日特別電話番号で自動音声ガイダンスに従い、予約が完了したら2日以内にローソンでの支払いとなります。

    予約時に10桁の予約番号を言われるので、メモが取れる状態で電話予約して下さいね。

    残券がある場合は、8月2日午前10時から、電話かインターネットもしくはローソン店頭の「Loppi」で購入ができます。

  • 旧東バル跡地自由席(約5500席)
  • 当日お得に入手したい方は、旧東バル跡地自由席(約5500席)が販売されます。

    <料金>
    大人一人1000円。

    <発売日>
    8月15日(月)午前8時から。

    <発売場所>
    旧東バル跡地での現地販売です。

    スポンサードリンク

    比較的ゆっくり座れるそうですが、水上スターマインなど見えにくい花火もあるそう。

    「この花火が見たい!」などのこだわりがなければ、とてもお得なチケットです。

    約5500席と十分な席数に感じますが、念のため朝には入手したいところですね。

諏訪湖祭湖上花火大会のホテルは?

ホテルのツインルームのベッド
実のところ、諏訪湖周辺の宿泊施設は何処も満室状態になっています。

前年宿泊した人達が来年の予約もと取って帰るため、このような状態になるそうです。

空室があってもかなり高めの料金設定なので、気軽に予約することができません。

宿泊施設はJR中央線沿線上で探すと、臨時電車が多数運行されるため便利だとか。

なかなか予約が取りにくいかと思いますが、キャンセル待ちや離れた場所での宿探しを試みて下さいね。

諏訪湖祭湖上花火大会のアクセスは?

上諏訪駅に停車中の電車

・新宿から
中央本線特急に乗車し、JR上諏訪駅で下車。

・名古屋から
中央本線特急に乗りJR塩尻駅で下車、中央東線に乗り換えJR上諏訪駅で下車。

最寄り駅はJR上諏訪駅で、通常なら会場まで徒歩約8分です。

当日は物凄い人手になるので、JR上諏訪駅~会場に到着するまで倍以上の時間がかかるそうです。

15時から歩行者天国になるので早めに現地入りして下さいね。

帰りの電車が一番混雑し、駅にも規制がかかります。

終了後1~2時間後に駅に向かうなど工夫してみて下さい。

まとめ

女性なら気になるトイレ情報ですが、300基以上仮設トイレが用意されるものの、当日の人手は約50万人。

当然、女性用トイレは長蛇の列になります。

熱中症対策として水分補給は疎かにせず、早いかな?ぐらいで並んでおきましょう。

湖上風などにより肌寒くなることがあるようなので、羽織るものを1枚用意しておくと良いそうですよ。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする