お盆のお墓参りができないときは?いつからならOK?マナーは?

シェアしよう!

墓石の前に仏花が供えられている様子
旧盆の時期、日本全国で帰省が始まります。一般的には8月13日から16日あたりです。
旧盆なので、先祖のお墓参りも・・とされる方が多いです。

しかし、誰もがこの時期に帰省できるわけではないですよね。特に結婚して初めての夏を迎える方の中には、不安を抱えている方も多いでしょう。
そんな方にとっておきの情報をお伝えします。

スポンサードリンク

お盆のお墓参りができないときはどうすればいい?

旧盆は、夏の時期の先祖の霊を祀る一連の行事です。
以前は太陰暦の7月15日を中心に行われていましたが、現在では太陽暦の8月15日を中心に行われています。
地域によっては、7月にお墓参りを行うところもあります。

親戚みんなが揃って、お墓参りに行くのに、仕事などの都合で行けない場合もありますよね。特に新婚さんの場合、「ご先祖様を粗末にしている」なんて言われかたをされる方もいないわけではありません。
どうしたらいいでしょうか?

やはり、時期がずれても、帰省した際にお墓参りをするのがベストです。
ご主人と奥様、どちらの実家を先に訪問するかも迷いますよね。
できたら嫁ぎ先を先に行かれたらいいです。奥様の印象がよくなりますよ。

お盆のお墓参りはいつからならOKなの?

旧盆のお墓参りはいつからしてもいいのでしょうか?

基本的には、迎え盆の8月13日から送り盆の8月16日の間です。
しかし、休みの期間、帰省時期によってはこの期間に当てはめることができない場合もあると思います。
そんなときは、時期を気にせず、帰省したからご先祖のお参りをするといった感じで大丈夫です。

スポンサードリンク

ご先祖様がいてこそ、今現在の生活があるのですから、帰省した際には時期に関わらずお墓参りをされたほうがいいと思います。

お盆のお墓参りのマナーってどんなことに気をつけたらいいの?

お墓参りに必要な仏花と数珠とお線香
お墓参りも手ぶらではいけませんね。

それぞれのご家庭で信仰されている宗教によって違いはありますが、お参りをするのですから、基本的にはろうそく、線香、お数珠は忘れてはいけませんね。
あとは、お墓に手向けるお花です。
これを忘れずに準備しておきましょう。

お墓参りの前後で、それぞれの実家に伺うわけですので、日持ちするお菓子などの手土産を持っていきましょう。
帰省するので、楽しい話をしたり、出かけたりする予定もあるとは思いますが、お盆の時期はまずお墓参りをすませてから、次の予定を入れておくのがベストです。

まとめ

数珠を手に拝む女性の様子
帰省やお墓参りには、いろんな思いもあるかとは思います。
初めてご主人・奥様の実家に伺うことは、緊張もするでしょう。

お盆の時期には、「今の自分たちの幸せな生活は、ご先祖様あってのこと」と感謝の気持ちを持って伺うのがいいかと思います。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!