産後のお腹ぶよぶよトレーニング方法は?続けるにはコツがある?

ぶよぶよのお腹の肉をつまむ女性
産後、お腹が出てきて、触るとブヨブヨでショックを受ける女性も少なくありません。

最近のモデルさんや芸能人の女性のキレイな腹筋を見ると、そんな腹筋になりたいと憧れますよね。

大丈夫、あなたにもなれます!その方法をこの記事でお伝えしますよ!

スポンサードリンク

産後お腹ぶよぶよなんとかしたい!

出産後、体型で一番気になるのは、「お腹のたるみ」と答える方が多いでしょう。

産後にお腹がたるむ原因は、出産で骨盤が開いてしまって内臓が下がりやすくなるので、内臓を守る為にお腹にお肉が付いてしまうことです。皮膚がたるんで伸びきってしまうんですね。

本当は産後1か月くらいからやった方がいいんですが、今からでも遅くありません。これからやってみましょう。

骨盤矯正ベルト、ガードルを使ってみるのもいいでしょう。

産後6ヶ月経っていたら、もう運動をしても大丈夫です。

でも、ジムに行くと時間やお金もかかるので、自宅で自分でトレーニングをして簡単に毎日続けられる方法を知りたくありませんか?

産後お腹トレーニング方法は?

引き締まった若い女性の腹筋
実は、2週間でも頑張れば腹筋を割る事は出来るんですよ。

女性が腹筋割る事は難しいと言われてましたが、実は簡単に出来る方法があります。

たった14日で出来るんですよ。そう思うと頑張れるでしょう?

あまりにも太っていたら2週間では無理かもしれませんが、このトレーニングをすれば、腹筋だけではなく太ももやお尻周りなども引き締まりますので、やってみる価値はあります。体脂肪が減ると代謝も上がりますので、見た目も良くなります。

タバタ式という方法をご紹介します。

  • タバタ式
<必要なもの>
畳1畳分の場所があれば出来ます。
布団やベッドの上ではなく、ヨガマットを敷いてやってください。

<方法>
1)仰向けに寝転んで、両膝を立てて胸に引き付けていきます。これを20回

スポンサードリンク

2)足を上にあげてクロスにし、足を天井に向けてお尻を持ち上げていきます。これも20回
※注意点:大きな反動で上げずに、小さな反動でお尻を持ち上げるようにする。

3)次は身体を起こして手を横に置き、身体を安定させます。両膝を胸に引き付けて足を前に伸ばします(結構キツイです)。床ギリギリに伸ばします。これも20回繰り返します。

4)両足を上に伸ばして下す動作をします。
  両膝を胸に引き付け、膝が曲がっていてもいいので、足を上に伸ばしてゆっくりおろします。
  足が見えない位の所で止めて、またその両膝を胸に引き付けます。これを20回繰り返します。
  最後の10回目は足を45度でキープし、足を交差。これも20回。
  10回目には再び45度のところで止め、そのまま10秒間キープ。次に足を伸ばして10秒キープします。

5)両膝を胸に引き付け、その足を床をギリギリに伸ばす動作を20回。
6)次は両足を上に上げて下す動作を、繰り返し20回。終わったら足をゆっくりと床に下します。

以上で終了です。

初めてやる時は、無理のない範囲で行ってください。出来れば、上記のトレーニングを毎日続けると、徐々に腹筋がうっすらと線が出てきます。

早い人は2週間、遅くても1か月で出来てきます。

このトレーニングにプラスして、上質なたんぱく質(出来れば植物性。大豆で出来た物)でプロティンを摂取すると、きれいなラインが早く出来ます。

トレーニングを続けるには?

トレーニングを毎日続けるためのとっておきのコツをお教えします!

それは、始める時に自撮りをすることです。

正面と横からを撮っておきます。

2週間ですので、トレーニングを始める日から14日間毎日写真撮りましょう。

毎日の変化が面白いですよ~。

これが楽しくて毎日続ける事のコツです。

まとめ

笑顔を向けるスポーツウェア姿のスタイルの良い女性
お腹のラインが出てくるのが楽しみで仕方ないですよ。

最近では女優さん、モデルさん、タレントさんも腹筋女子になっています。

海外の女優さんたちも腹筋すごいですよ。

あんまり腹筋シックスパックは私の好みではないので、個人的にはビヨンセの腹筋が好きです。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする