猫を飼いたいけどどこで探す?必要なものは?お金はどのくらいかかるの?

眠っている白黒の猫を撫でる女性の左手
一人暮らしだとつまらないので、猫でも飼いたいなぁと考えているあなた。

犬と違って散歩に行かなくていいし飼いやすそうだけれど、初めて飼うのだと不安がありますよね。

実際に猫を飼っている私から猫の探し方、必要なものとお金について、お伝えしますので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

猫を飼いたいけどどこで探す?

猫を飼いたいと思ったらまず1番大事なのは、自分が住んでいる所が借家だったら、ペット可の所でないと飼ってはいけません。その借家を出る時にトラブルが起きますのでここは絶対に守ってくださいね。

「猫をどこで探すか?」ですが、手に入れる為にはペットショップに行く方が多いですね。

でも猫のカレンダーを見て下さい。ミックスの子がモデルになってる事が多いでしょ?

だから、ペットショップに売っている種類名が付いてる子は少ないので、ミックスでも充分カワイイですから、もらってくる事を私は推奨しています。

出来るだけ里親になってあげて欲しいです。

里親も条件が結構厳しいんですが、里親になって下さいと言うホームページがあります。

そういったページで気に入った子がいたら連絡を取り合って、お試しで1週間位一緒に暮らしてみることができますよ。

ペットショップでお金を出して買うとお試しはありませんので、相性とか関係ないですからね。

選んだ子の命を一生預かるんですから、その覚悟があるのか、それを今一度再確認してネコちゃんを迎えて下さいね。

下記のURLは里親を募集されてるHPです。カワイイ子がいっぱいいますよ。

<里親募集のホームページ>
http://plaza.rakuten.co.jp/nekomat/3001/

猫を飼うのに必要なものは?

顎に指を当てて考える女性
まずネコちゃんを飼おうと決めたら、先に用意する物がたくさんあります。

はっきり言いますと「お金」です。お金は結必要で、数万はかかります。

そして、具体的に必要な物が以下です。

<必要な物リスト>
  • ネコのトイレ
  • これは2段式になっているシステムトイレが便利です。
    ネコの砂、シート、消臭剤は最低でもいります。これだけで約5000円くらいです。

  • ネコのゴハン
  • 子猫の月齢に合ったものを用意しましょう。

    出来るだけ添加物の少ない物を用意してあげて下さいね。

    スポンサードリンク

    ドライフードをお奨めします。ウェットフードが好きな子も多いですが、食べ残した後など直ぐに片付けないと夏場だと腐ってしまいます。出かける時もドライフードの方が便利です。

  • その他、最低限用意するもの
  • ・ネコのおもちゃや爪とぎ
    ・キャットタワー
    ・寝る時の場所
    ・ネコ用ブラシ

キャットフードは1袋1000円前後、爪とぎ、ネコ用ブラシ、眠る場所などは5000円~10000円くらいみてください。

ここまでで、11000円~16000円程度です。

準備に必要なものはこのくらいですが、実は猫を飼うには他にもっとお金がかかるんです。

猫を飼うお金はどのくらいかかるの?

猫を飼うためのお金として考えなければいけないのが、猫の医療費です。

まず、ネコちゃんが家に来たら、獣医さんを探しておいて健康診断を受けましょう。

ワクチンも初めての時は2回あります。

  • 健康診断 1000円~
  • ワクチン 1回5000円~

6ヶ月を過ぎたら女の子は避妊・男の子は去勢の手術を受けましょう。

  • 去勢手術 10000円~35000円
  • 避妊手術 20000円~50000円

「1匹で、しかも完全室内飼いをするなら避妊や去勢は必要無いんじゃ?」と思われるかもしれませんが、男の子は6ヶ月を過ぎた頃から縄張り意識が出てきて、スプレー行為というものをやります。

これは何かと言うと、自分の場所として認識した所にオシッコをかけておく行為です。

部屋中にしますので、臭いがきつくてたまりません。だから、この行為が始まる前に去勢した方がいいのです。

女の子は、避妊をしておかないと発情期になったらとんでもなく大きな声で鳴く子がいます。

私の経験では、気の強い女の子を飼っていた時、普段は誰に対しても「フゥー」と言ってたのが、発情期になるとおとなしくなり甘えたちゃんに変わる子がいました。この子は避妊はしませんでした。

「手術をしたら今より気が強くなり、育てにくくなりますよ」と言われたからです。この子は特別でした。

女の子の場合、絶対外に出さないようにして育てていくのなら、避妊は1歳過ぎてからでもいいと思います。

まとめ

獣医さんに診察してもらっている黒猫
猫を飼うときは完全室内飼いをして下さい。

外に出したら病気をもらってくる。怪我する。車も走ってるので事故する。ノミをもらってくる。

とにかく危険ですので、ベランダにも出さない方がいいです。

室内飼いをしていても、病気になることもあります。行きつけの獣医さんを見つけておいて、年に1回は健康診断を受けてあげて下さい。

ワクチンは、最初の2回は受けてあげてください。次からは3年に1回で充分だと思ってます。ワクチンも身体に負担がかかるんです。

そのためのお金はきちんと用意してあげてください。

ネコも健康で育てば20年近く生きます。最後まで責任を持って飼って下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする