夏バテで食事をつくるのが辛い・・・簡単レシピは?おすすめは?

夏バテで食欲不振の女性イラスト
暑くなってくると食欲がなくなることがあります。

朝もろくに食べないで仕事に行ったり、こんな事を毎日していたら余計夏バテしてしまいます。

一家の台所を預かるお母さんは、自分が夏バテしていても家族の健康も考えなければなりません。

毎日の献立を考えるのも億劫なことと思いますが、夏バテの対策になる食事を紹介しますので参考にしてくださいね。

夏バテで食事をつくるのが辛い・・・!

朝は食欲が無くても、せめて温かいお味噌汁だとかスープを飲むのはいかがでしょう?

インスタントでいいじゃないですか~ 朝から手作りって所でもうダメってなりそう…

旦那さんやお子さんの食事、お弁当の用意をするだけでへたりますよね。

お弁当を作っているのなら、昼食は午前中のお仕事が終わってからですのでまだ食べれるかと思いますので、ランチはしっかりと栄養バランスを考えてお弁当を食べて欲しいものです。

問題は夕食ですよね…。

暑い中、お仕事から帰って食事の支度は本当に大変な事です。

そこで簡単なレシピを紹介します。

夏バテのときの食事 簡単レシピ

こんなメニューはいかがですか?

◆お素麺アレンジ◆

お素麺はお好きですか?暑い夏は冷たいツユでツルツルといきたいものです。そのお素麺に乗せる具を工夫してみましょう。

例えば…

錦糸卵、きゅうり、トマト、おくら、ツナ缶、鶏のそぼろ、茄子の炒めた物、レタス、

ちりめんじゃこ、しいたけ、ピーマン、もやし、エリンギ、サバ缶etc…

という風に、好きな物をお素麺に乗せて食べるんです。栄養のバランスを考えてね。

錦糸卵や鶏のそぼろは作り置きをしていても、冷蔵庫に入れておけば3日は大丈夫です。

お素麺じゃなくてもお豆腐にかけて食べても美味しいですよ。なんならパスタでもOKだしね。

冷たい物が美味しい季節だけど、本当は温かくして食べた方がいいですよ。

この材料だと高校生になったお子さんでも一人で作れちゃいます。

そして、この材料では「バラ寿司」が出来ちゃいます。

ゴハンを少し硬めに炊いて、お酢とお砂糖そしてお塩で合わせ酢を作って混ぜます。

うちわで扇いで冷まして具を混ぜて、錦糸卵と海苔をかけたらバラ寿司の出来上がり~!

酢飯はサッパリしてるから食べやすいし、経済的なのになんか豪華な感じが出て食欲も増します。それになんと言っても簡単だしね。

ウナギのかば焼きを入れると豪華満点だけど、ツナ缶でも充分に美味しいです。お試しあれ。

夏バテの食事おすすめは?

あと、夏にお鍋料理などはいかがでしょうか?

お鍋料理は作る側はキッチンでお野菜やお肉を切るだけだと、用意していても暑くもないし、テーブルの上で家族で汗をかきまくって食べましょうよ。

キムチ鍋とかいいんじゃないでしょうか。夏にお鍋をするのもイイですよ~~。

汗かきながら「フゥフゥ」言いながら「おいしいね~~」って、家族の会話も増えて楽しいものです。

どんな健康生活にも言えますが、早寝早起き、夜は12時までには眠り、朝は7時位に起きて、朝ごはんは温かい物を少しでもいいので食べて、お昼、夜は栄養のバランスを考えて食べる事。

お風呂は夏であってもお湯をはり、38℃~40℃くらいのお湯に20分ほどつかりユッタリとした時間を過ごして、お仕事やお部屋でエアコンがよく効いてるお部屋では腹巻や靴下を履く。

出来るだけ飲み物は温かいお茶やさ湯を飲んで、冷たい物をなるべく摂らない様にする。

身体の中からも温める事をお奨めします。

まとめ

この悩み、実は女性なら多いですよね。男性はちょっと体温調節に鈍感な方が多いので、高齢になってから神経痛などが出て後悔してももう遅いんですよ。

老若男女全ての人に言える事ですが「冷え」は大敵なんですよ。

40歳を超えて来ると、男女共々若い頃から蓄積した疲れが出てくる年齢になりますので、子どもの頃から冷えてきた身体を温める事で夏バテを防ぐ事が出来ます。お風呂で温まる事だけでもやりたいものですね~



お役に立ちましたらシェアご協力お願いします!