デコルテの紫外線アレルギーに注意?紫外線対策は?ケアは?

女性のデコルテ
日差しが増す季節、肌の露出が増えてくると思います。

顔の紫外線対策をきちんとされていると思いますが、併せてしていただきたいところはデコルテ(胸元)の部分です。

デコルテは顔をより綺麗に見せますが、非常に年齢が出やすい部位でもあります。

白くきめ細かく綺麗なデコルテは、女性らしい魅力を感じさせます♪

積極的にケアしたいですね。

デコルテの紫外線アレルギーに注意?

紫外線が肌に当たると、シミやくすみの要因となると言われてきました。

しかし、年々紫外線が強くなっていることもあり、湿疹やかゆみが出る紫外線アレルギーになる方が増えてきています。

デコルテは紫外線が当たりやすい部分の一つですが、顔や首に比べて汗をかいていることに気付きにくい部位でありますので、特に見落としがちです。

デコルテは皮膚が非常に柔らかいので、日焼けによって湿疹やかゆみの症状が出ることもあります。

ストールや下着が当たる部分でもあり、汗もたまりやすいので、汗疹を併発することもあるので注意が必要です。

デコルテは人目がつきやすい部分なので、気になるようでしたら、早めに皮膚科を受診することがおすすめです。

紫外線対策で綺麗なデコルテをつくるには?

ストールやハイネック、フェイスカバーなどの衣類で覆って、デコルテを隠す方法をされれている方も多いですが、とても有効な方法です。

しかし、先ほど汗疹の原因にもなると申し上げたので、肌に合ったものを選ぶことが大切です。

コットンやリネン、シルク素材など、汗を吸収しやすくお肌に優しい素材を選ぶようにしましょう。

デコルテは焼けると、顔の色の差が出やすいですので、できるだけ直接日光に当たらないように注意することが必要です。

デコルテを露出する服を着る場合はとくに日焼け止めを忘れずにつけて、日傘やつばの広い帽子をかぶるようにしましょう。

デコルテの紫外線ケアはどうする?

もし、焼けてしまったわ!と思った時は、いつも以上にたっぷり保湿をするように心がけましょう。

顔と同様に、首からデコルテにかけてまで化粧水や乳液をたっぷりつけておくと効果的です。

最近は、デコルテ用のマスクも出ています。

フェイシャルシートと同じ感覚でデコルテにペタッと貼って保湿していく方法です。

まとめ

いかがでしたか?

デコルテの紫外線対策についてご紹介いたしました。

暖かくなると、肌が露出する服を着る機会が増えますし、中には結婚式を挙げる方もいらっしゃると思います。

デコルテは顔とワンセットでケアをしておくことが大切ですね。

綺麗なデコルテを魅せて、女性力をアップしちゃいましょう。



お役に立ちましたらシェアご協力お願いします!