お歳暮は誰に送るべき?時期はいつまで?値段の相場は?

2900544
実家にいた頃に、母親がお歳暮を親戚などに贈っていたのは知っているけど、いざ自分がするとなると、分からない事ばかり。

結婚して最初に迎えるお歳暮は、これからの親戚づきあいなどもあり重要です。

直前になって焦るのではなく、事前にお歳暮のマナーをあれこれ下調べしておきましょう。

スポンサードリンク

お歳暮は誰に送るべき?

6644953
お歳暮は誰に贈るべきなのか?を考える前に、お歳暮の意味を理解しておきましょう。

「日頃お世話になっている人へのお礼」を伝える事がメインです。

それに加えて、「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈るものです。

では、結婚したばかりのあなたは誰に贈るべきでしょうか?

  • 自分を育ててくれたご両親
  • これからお世話になる旦那様のご両親
  • 仲人さん
  • 親戚
  • 旦那の上司

思いつく人全てに贈る必要はありませんが、結婚して最初の年はこれからの関係性を作る上で、付き合いがありそうな親戚には贈っておいた方がいいでしょう。

お歳暮の時期はいつまで?

次は贈る時期です。

相手から届いて、急いで贈るという事がないように、早めに手配したいものですね。

基本的には「12月10日過ぎ〜12月20日頃」とされていますが、デパートや通販のお歳暮コーナーの設置も年々早くなっている傾向にあります。

スポンサードリンク

あまりに早すぎるのは、時期外れで相手を戸惑わせてしまうので、早くて11月末頃~12月10日頃を目安に届くように贈りましょう。

遅すぎるのも暮れの押し迫った時期に相手に届いたりして非常識になってしまいます。

いつまでに送るのがいいのかというと、やはり20日ごろを目安にしましょう。

昔は、お歳暮はお宅に出向いて、手渡しするものでした。

今ではほとんどが宅急便や通販で発送することがほとんどですが、結婚してすぐのお歳暮は、夫婦そろって出向いて渡すのも相手に気持ちが伝わりやすくていいですよ。

お歳暮の値段の相場はどのくらい?

14138480
最後に、気になるお歳暮の値段の相場です。

お金がいくらでもあれば、いい品をと思うものですが、なかなかそういう訳にもいかない現実がありますよね。

一般的な値段の相場としては、3000円~5000円の間のものを贈ることが多いとされています。

この金額の幅の中で、あなたが特にお世話になった人には5000円の物といった具合に予算を決めるといいでしょう。

ただ、高いもの=気持ちが伝わるというものでもありませんので、家計が大変なのに背伸びして無理をしすぎることはありません。

一番大事なのは気持ちですので、相手が喜びそうなものを選び、添え状と一緒に贈るのがおススメです。

まとめ

お歳暮は、社会人となり家庭を持つとマナーとして必要な行事です。

また親戚などには、何か冠婚葬祭がないと会う機会もないものですが、人間関係を円滑にする上でも、マナーをわきまえ贈りもの上手になりましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする