インフルエンザで自然治癒の方法はある?期間は?病院は?

10307839
毎年秋以降、インフルエンザが流行り始めると病院はいつもに増して混雑しますね。

普通の風邪の人もインフルエンザかもしれない人も、インフルエンザの予防接種のために来院した人も、待合室は同じ場所の病院が多いですね。

高熱で、病院に来院。

でもインフルエンザじゃないかもしれないのに待合室でインフルエンザがうつってしまうかもしれない。

家で寝ていれば治るかもしれない。

と考えたことはありませんか?

インフルエンザは自然治癒で完治できるものなのか調べてみました

インフルエンザで自然治癒の方法はあるの?

16361551
インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされる、強烈な風邪といったところでしょうか。

安静にし、脱水にならないよう水分をきちんと補給していれば自然に治ります

高熱に加え、頭痛、関節の痛み、全身のだるさなどが症状としてあげられますが、インフルエンザの予防接種を受けた方と、受けていない方では、症状のひどさや完治の期間もちがうと言われています。

インフルエンザで自然治癒の期間はどのくらい?

インフルエンザはウイルスに感染後1~3日の潜伏期間を経て突然38度以上の高熱が出ます。

それと前後して頭痛、関節の痛み、全身のだるさに始まり山場では40度を超える高熱が上がったり、下がったりを繰り返し3日から長いと5日ほどで熱は下がります。

熱とともにウイルスは消滅し、解熱後2~3日で他の人と接触してもうつすこともなくなり、発症から約1週間で完治すると言われています。

スポンサードリンク

インフルエンザで自然治癒で病院は行かなくて本当に大丈夫?

10284574
インフルエンザかもしれないからと言って、必ず病院を受診しなければいけないわけではありません。

厚生労働省のホームページには「症状が比較的軽く、自宅にある常備薬で療養できる方は、診療所や病院に行く必要はありません。」と記載があります

また、インフルエンザの特効薬とされている「タミフル」発症から48時間以内に服用することでウイルスが増えるのを抑制する効果があります。

発症して48時間を過ぎるころには免疫が優勢になりウイルスは減少に向かうため、タミフルを服用しても薬の効果は得られないようです。

発症後48時間を過ぎれば免疫力が回復し、少しずつ症状は治まってくることを考えると、症状がつらいのは48時間。

この48時間を安静にし、脱水にならないよう水分補給をこまめに行っていれば病院に行かずとも自然治癒は可能だと考えられますね。

まとめ

いかがでしたか?

インフルエンザは安静と水分補給で十分自然治癒は見込めそうです。

ただし、

  • 心臓や呼吸器系に持病をお持ちの方
  • 糖尿病の方
はインフルエンザが重症化する場合があるため病院に行かれたほうがいいでしょう。

  • 妊娠中の方
  • 乳幼児、高齢者な
なども受診された方が安心です。

また当初症状が軽くても、我慢できないほど悪化してきた場合は早めに病院を受信してください。

最悪の場合死に至る可能性のある、強いウイルスですので症状の変化に対する注意は必要です。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする