子供の花粉症はどんな症状が出る?治療は?改善方法はあるの?

マスクをする小さな女の子
小さいお子さんの場合、中々症状をうまく伝えられないので、花粉症なのか風邪なのかわかりにくい事があります。

子どもの花粉症を見極める方法はあるのでしょうか。

治療や改善方法についても調べてみました。

子供の花粉症の症状とは?

鼻づまりと目のかゆみで苦しんでいる女の子のイラスト
大人でも鼻づまりやくしゃみで辛い花粉症の症状。

小さいお子さんにそんな症状が見られたら何とか楽にしてあげたいと思いますよね。

大人と同じように子供でも花粉症を発症する事は珍しくありません。

発症年齢も3歳〜5歳が一番多いと言われています。

ただ、やっぱりその位の年齢のお子さんは風邪をひく事も珍しくありませんし、花粉症なのか風邪なのかいまいち見分けが付きにくいと思います。

花粉症の症状として子どもに表れやすいのは、鼻づまりと目の痒みなのだそうです。

子どもの鼻は小さいので、鼻が詰まりやすく更には、花粉も鼻から入りにくくなりくしゃみがあまり出ません。

そして、鼻水もサラサラでは無く、粘っこいのも特徴のようです。

鼻づまりが起こると口呼吸になってしまうので、そこから風邪の菌が入り込んでしまったり乾燥したりと、花粉症以外の症状も出始めてしまう可能性もあります。

目の痒みというのは一般的な風邪の症状ではみられる事はありませんよね。

ですので、鼻が詰まっていて目の痒みもあるようであれば花粉症の可能性が大きいかと思います。

ただし、素人での判断は難しいと思うので、まずは早めに病院へ連れて行く事をお勧めします。

子どもの花粉症治療も大人とあまり変わりなく、お薬も抗ヒスタミン薬を処方されるようです。

医学の進歩によって、子供でも使えるお薬も増えてきているようで嬉しいですよね。

市販のお薬は対象年齢も限られていますし、小さいお子さんの場合はまずは病院を受診して処方してもらうようにしましょう。

子供の花粉症の改善方法とは?

ヨーグルトを食べる小さな女の子
花粉症を悪化させないためにも、花粉を家に持ち込まない事が大切です。

特に花粉シーズン真っ只中には、出来ればお子さんとは外出を控えた方が良いかもしれません。

外出するとしても、帰宅後はまず服についた花粉を落として、部屋は掃除機をかけたり、花粉を舞い上がらせない為にも部屋を加湿するなどして、花粉を寄せ付けないような生活環境を整えると良いかと思います。

改善法として、他にも甜茶を飲むようにしたりヨーグルトを食べる様にしたりなど、
お子さんでも抵抗なく出来る方法はあります。

近頃は子供用の可愛らしい柄のマスクも売っているので、花粉シーズンの外出はそういったマスクを着けさせるのも良いですね。

まとめ

花粉症は集中力低下だったり、睡眠が浅くなってしまったりなど日常生活に生活をきたしてしまう事がよくあります。

小学生位のお子さんの場合には、授業中眠くなってしまったり集中できなかったりなどすると可哀そうに感じるので大人が病院へ連れて行くなどの対策はとても大切だと思います。

ぜひ、快適に過ごせるように工夫してあげてくださいね!



お役に立ちましたらシェアご協力お願いします!

error: Content is protected !!