引越しハガキは必要なの?いつ出すの?写真がおすすめ?

春になると転勤や子供の独立などで引越しする人達が増えてきます。

そんな時って引越しハガキって必要なのでしょうか?

今回は「引越しした時に引越しハガキは必要なのか!?」という素朴な疑問にお答えしたいと思います。

引越しハガキは必要なの?

結論から言うと必要だと思います。

今までの住所ではなく、新しい住所に変わるのですから、付き合いのある人には必ず連絡が必要です。

ただ形は色々で、最近ではメールやラインなどで「引越ししました」と報告する人もいますが、この場合は自分と同じ立場の友達や目下の人にする事で、親戚や上司、お世話になった人達にはメールやラインでの報告は失礼になります。

単身での引越しの場合はメールなどでも良いと思いますが、家族全員で引越しする場合は、やはり引越しハガキは必要だと思います。

引越しハガキはいつ出すの?

引っ越しで掃除をしている女性
引越しが決まると電気やガス、水道や住所変更などの手続きはしなくてはいけないし、荷物の整理や片付けもしなくてはいけません。

ついつい忘れがちになる引越しハガキですが、引越しハガキはいつ出すのが正解なのでしょうか?

引越しハガキは引っ越した後、新居にうつった後に出します。

そして出すのは引っ越してから一ヶ月以内遅くても3ヶ月以内に出すようにするのが良いです。

自分で作成する場合は、新住所がわかった時に作っておくと忙しい時に慌てずに出せます。

もし年末に引っ越す場合は、年賀状に引っ越しましたと書いても良いですが、その場合は忘れずに郵便局に転居届けを出しておいてくださいね。

引越しハガキは写真で作るのがオススメなの?

写真入りの引っ越しハガキを作成している若い夫婦
最近は自分で年賀ハガキを作成している人が増えてきています。

そうなると引越しハガキも作成する人は多いですよね。

そこで作成時におすすめなのが写真です。

今はインターネットから無料でダウンロードできて、イラストや写真を挿入するだけのものや写真を加工できるものまであります。

家族の写真を入れたり、新居の写真を入れるとわかりやすくて記念にもなるのでオススメです。

私も引越しを経験していますが、新居の写真を入れて作りました。

どんな所でどんな家に住んでいるのわかるので、次にあった時の話も弾みとても好評でした。

まとめ

最近は引越しハガキも年賀ハガキと同様にメールなどで知らせる人が多いですが、引越しはそう度々する物でもないので、昔ながらの引越しハガキを出してみるのもいいと思います。

繰り返しになりますが、自分より目上にあたる人には必ず引越しハガキは必要です。

error: Content is protected !!