冷え性がなぜ夏に起こるの?症状は冬とは違うの?対策は?

夏の冷え性に困っている女性
なぜ夏なのに冷えを感じるの?

と悩んでいる女性は結構多いんです。

「私も~!」って手を上げる人は同じ悩みをもっていますよね。

そしてなぜなのか?どうしたらいいのか?と思っています。

そんな夏の冷えの原因と対策を考えたいと思います。

冷え性がなぜ夏に起こるの?

冷え性は寒くなると起こるものだという認識が大きいですよね。

現に冬が近付くと冷え性を訴える人は多いです。

しかし現代の日本の夏はクーラーが入っていて当たり前の環境になっています。

この過ごしやすい環境が夏の冷え性を起こしているのです。

本来の夏は暑く汗がでるのが普通で、その汗をかくことで体温を調節し、老廃物などを排出します。

しかし現代はどこもかしこも冷房がかかっていて汗をかく人が少なくなってきています。

寝る時でさえ、クーラーや扇風機をかけて過ごしているのが常識になっています。

そのため体内に老廃物が溜まり血液が上手く流れず、手足まで血液が届かないために冷え症になってしまうのです。

他にも外で汗をかき、部屋では冷房がかかっているので冷房で体が冷やされ体が冷たくなったり、汗が乾く時に熱が奪われ体が冷えてしまう場合も冷え性になりやすいです。

冷え性は夏と冬とでは症状が違うの?

夏の冷え性は、冬に起こる冷え性と症状は同じなのでしょうか?

それとも違うのでしょうか?

夏の冷え性は感覚的には痛いや冷たい、しびれるなどの症状があります。

他にも夏は、かき氷や冷麺などの冷たい食べ物や氷がたっぷり入ったジュースやビールなどで内蔵が冷えてしまい、心臓から送られる血液まで冷えてしまうことで血行不良でのむくみや自律神経まで悪くなってしまいます。

それに冷たいジュースやビールを一気に飲んでしまうことで胃の働きが低下したり、胸焼けや胃がもたれるようになり、胃痛や腹痛、からだのだるさといった夏バテに似た症状を伴う場合もあります。

冷え性の夏の対策は?

では夏の冷え性の対策を紹介します。

◆外と部屋での温度調節ができる上着を利用する。
外から部屋に入る時に寒いと感じる場合が多いので、寒いと感じた時にすぐに羽織れる物を持っておくだけで寒さ対策に役立ちます。

冷たい空気は下にいくので靴下で保温するようにしましょう。

◆暑いからといってシャワーばかりはNGです。
身体を芯から温めるのにオススメはシャワーではなく入浴することです。

39℃位のお湯に10分程浸かることでリラックスでき、身体も温まります。

◆夏の野菜は比較的体を冷やしてしまいます。
生野菜は身体の熱を取除く作用があるので、冷えているな!

と感じたときは温野菜や根菜類がオススメです。

タンパク質は熱を作り出す役割があるので、タンパク質が多く含まれている肉や魚や豆類を多く食べ熱を作りだしてください。

まとめ

夏に冷えを感じる人は多いです。

私も冷え性なので、夏にも対策は必ずしています。

一番困るのが家庭での冷房の温度です。

旦那は暑がりで私と子供はどちらかといえば寒がりなので、夏でも室温はあまり低くしないのですが、旦那がいてる時は温度が低く寒さ対策が必要になってきます。

特に寝室の温度は低いので、夏は寝室は別にしています。

冬の冷えは仕方がないのですが、夏の冷えは自分の体質の問題なので、対策は自分でしっかりするのが必要になってきます。



お役に立ちましたらシェアご協力お願いします!

error: Content is protected !!