義母が苦手で母の日が面倒?贈らないのもあり?夫の役目に?

母の日に夫に詰め寄る妻
毎年近付いてくると、テレビのCMなどもうるさく宣伝しますね。否が応でも気付かされます、母の日が近いことを。

普段から円満な嫁姑の関係が築けていれば、お義母さんの好きなお花やお菓子でも買って、メッセージカードを添えてプレゼントを渡せば、きっとお義母さんも喜んでくれることでしょう。

しかし、そうでない場合も、少なからずあるのではないでしょうか。苦手な義母への母の日は、どうしたらよいのでしょう?


義母が苦手で母の日が面倒?

義母が苦手な理由も、さまざまにあると思います。

単にウマが合わないという事もあるでしょうし、ひょっとしたら母の日がきっかけになっている場合もあるのではないでしょうか。

何を贈っても喜んでくれるお義母さんなら、母の日のプレゼント選びも楽しいものですよね。

でも買った品物に、なにかにとケチをつけて文句を言われたり、ひどい場合はプレゼントを受け取ってもらえなかったという人もいるようです。

そうなると、二度と母の日にプレゼントを贈るものか!となってしまっても仕方ない事かもしれません。

気持ちとしては、母の日に義母への贈り物をやめたい。でも、贈らないなら贈らないで文句を言われるのではないかと思うと、なかなか踏ん切りがつかない。

割り切れないのも、切れない縁の嫁姑としては当然の事だと思います。

贈るにしても、贈らないにしても、面倒な事には変わりないようです。

義母への母の日に贈らないのもあり?

母の日に義母へ贈り物をしないなんて、余計に厄介な事になるのではないかと考えてしまいますよね。

でも世間では「義母へはプレゼントなし」というお嫁さんも多数いるようです。

プレゼントをあげても、お礼の一言もなく、むしろ迷惑だと言われるような場合。

これはもう、お互いの為にプレゼントをやめるべきではないでしょうか。

贈り物をもらうのが嫌いな人もいますし、非常に好みのうるさい人もいます。そういった義母に、無理をして贈り物を続けても、嫌な気持ちになるだけです。

迷うのは義母に少々嫌味を言われる程度の場合。贈るか贈らないか悩むくらいなら、大人の対応で贈ってしまったらどうでしょう?

この際、何を贈っても嫌味を言われるのだからと割りきって、プレゼントの内容はさほど問題ではないと思います。

なんにせよ、贈ったという事実がある限り、その点で義母に負い目を感じる必要がなくなります。

どちらにせよ、「母の日はプレゼントを贈るべきだ」という固定観念を捨ててしまってはどうでしょう。

お互いにストレスのない対応をしたいですね。

義母への母の日は夫の役目に?

母の日のプレゼント選びは、義母に対しても嫁の役目になっている場合が多いかと思います。

そして義母からの嫌味を言われるのも、嫁。

案外、息子であるご主人は、義母からそんな嫌な思いを受けている事に気付いていない場合もあるのでは?

この際、義母への母の日は、息子であるご主人の役目にしてしまってはどうでしょう?

プレゼント選びから、全てを任せてしまえば、義母から嫌味を言われる事はなくなります。もし嫌味を言われても「夫が全てやったことなので、知らない」とでも突っぱねてしまえばいいのです。

忙しくてご主人がプレゼント選びなんて無理、という場合もあるでしょう。その場合は、差出人の名前をご主人にするだけでもいいと思います。

息子からだと思えば、義母からの攻撃も少なくなるかも?しれません。

まとめ

苦手な義母の母の日。贈るにしても、贈らないにしても面倒な事ですが。あなたが思うより、義母の方では重く受け止めていないのかもしれません。

今後も続く義母との関係と毎年訪れる母の日。この際、割りきって大人の対応で乗り切りましょう。

error: Content is protected !!