暑中見舞いを喪中に送っても大丈夫?相手を気遣うマナーとは?

暑中見舞い
毎年、年賀状を出される方は多いかと思います。そして、暑中見舞いでハガキを送るという方もいらっしゃるかと思います。

いただくと嬉しいもので、お友だちや、離れて暮らすご親戚とやりとりするのも楽しいですね。しかし、今年は少々悩み事が。

昨年、身内に不幸があり、喪中の為に年賀状を出せなかったのでした。では暑中見舞いはどうなのでしょうか?


暑中見舞いを喪中に送っても大丈夫?

ご自分が喪中の場合、喪中・年賀欠礼状(喪中はがき)を送りますよね。喪中につき、年賀欠礼させていだく事をお知らせします。

これは、喪中である間は、おめでたい事を避けねばならないという決まり事があるからです。年賀状は新年を迎えるにあたり、改めて挨拶する為に送るので、喪中は遠慮する事になります。

では、暑中見舞いはどうでしょう?

暑中見舞いというのは、季節のご挨拶であり、暑い時期に相手の体調を気遣う為に出すハガキです。

つまり、おめでたい事ではないので、喪中であっても暑中見舞いを出すのは、問題ありません。

しかし、当然ですが、必ず出さなければならないというものではありません。

喪中であっても、自分の気持ちに余裕がある場合、暑中見舞いを出しても構わないという事ですね。

暑中見舞いを喪中の相手に送るのは?

自分も喪中ですが、毎年暑中見舞いをやりとりしている相手の方も喪中である、という場合もありますよね。

この場合も、自分が喪中である場合と同様に、暑中見舞いを出しても構いません。

むしろ、相手の体調などを労る言葉を選んで書くと、送った相手にも、こちらの心遣いを伝える事ができるかと思います。

また、送った相手が喪中だということを知らずに暑中見舞いを送ってしまった、という事もあるかと思います。

暑中見舞いを送ってしまってから、相手が喪中だということを知った場合。

年賀状であれば、非礼をお詫びするハガキを再度送る必要があるのですが、暑中見舞いなら、問題ありません。改めてお詫びなどをする必要はありません。

暑中見舞いで喪中のマナーって?

自分が喪中であっても、相手が喪中であっても、暑中見舞いを送るのは問題ないと書きましたが、やはり、少々マナーに気を付ける必要があるかと思います。

まずは、どちらの場合も、四十九日は過ぎてからにするのが良いと思います。

やはり、四十九日が過ぎない内は、気持ちの上でも落ち着かないでしょうし、いろいろと忙しいものです。

日にちによっては、暑中見舞いではなく残暑見舞いにするのもお忘れなく。

また、ハガキはできれば無地のもの、イラストを入れるならば、控えめなものが相応しいのではないかと思います。

あまり、明るく賑やかな印象のものは、避けた方が無難でしょう。

さらに、「くれぐれ」「返す返す」のように、繰り返す言葉は、「重ね言葉」といって、この場合はマナー違反になる事もあります。

特に年配の方は、気にする場合もありますので、注意しましょう。

まとめ

喪中に暑中見舞いを送る事も、いただく事も、問題ありません。

親しい方と、例年通りにやり取りしていただければいいかと思います。

しかし、やはり喪中ということで、多少、注意する必要がある部分もありますので、マナーを守って、気持ちよくやり取りしたいですね。

error: Content is protected !!