お中元をやめたい!親戚に贈るのをやめるには?タイミングは?

お中元
毎年欠かさずに続けてきたお中元。これをやめてしまうのは勇気のいることですよね。

環境の変化で金銭的に負担になってしまったり、今ではそれほど付き合いのない間柄でもとりあえず続けているといった場合、正直やめてしまいたい、ということはあります。

そんなときどうしたらいいか、上手に相手に伝える方法とタイミングをお伝えします。


お中元をやめたい!やめてもいいの?

お中元だけの関係が続いている場合は、「スパッとやめてしまう」のが多いようですよ。

そもそもお中元は「日頃の感謝の気持ち」として贈るものですから、本人の気持ち次第でやるやらないを決めていいものなのです。

だからといっていきなりやめてしまうのはお付き合いが続いている以上、今後の関係が悪くならないとも限らないので注意が必要ですね。

そんな時は、徐々に減らしていくやり方が良いかと思います。

お中元をやめて暑中見舞いを送ります。そしてお歳暮だけを贈るようにするのです。

暑中見舞いには「今後はお中元をやめます」というような文章を入れるととても失礼になりますのでやめましょう。

その際にはこれまでの感謝の言葉は必ず書きましょうね。

お中元を親戚に贈るのをやめたい?

相手が親戚の場合、なかなかやめるのは勇気がいりますよね。

遠くに住んでいる祖父母や親戚の場合、季節のごあいさつで品物を贈る行為自体が、数少ないコミュニケーションの機会になっているという場合もありますね。

逆に兄弟や近くの親戚など、しょっちゅう顔を合わせたり連絡を取り合っていて、わざわざ品物を贈りあわなくても・・と思うケースもあります。

双方に品物の行き来がある場合は、互いに話し合ってお歳暮だけの年一回にするとか、すべてやめてしまうというのも手です。

お中元にこだわらなくても、暑中見舞ハガキは送り、別の機会に旅行の土産を贈ったり、帰省の際に手土産を持参するということで気持ちを表すことは十分にできます。

お中元をやめるタイミングは?

親戚のうち、誰かが言い出してくれるのが一番いいのですが、なかなかそんなにうまい具合にはいかないものですよね。

それに、やめるからにはそれなりの理由があるほうが納得を得られそうです。

転勤や転居(新築)、転職、出産、子供の進学など環境が変化することを理由に切り出してみるのが良いかもしれません。

そういう環境の変化があれば、これから色々と大変になることはみなおのずとわかりますからね。

それほど付き合いが深くなくなってしまった方へは、スパッとやめてしまってもよいのかもしれませんが、環境の変化のタイミングを機に「これまでありがとうございました。環境が変わりますがこれからもよろしく」というような暑中見舞いを送り品物を贈らなければ、先方も理解してくださるでしょう。

まとめ

いくらお世話になった感謝の気持ちをお届けするのがお中元とはいっても、ずっとその関係が続くわけではありません。

ほとんど接点がなく、関わりは薄くなっていく方もいらっしゃいますし、もっと親しくなり関係も深くなって「いつまでも他人行儀な」という場合もあります。

感謝の気持ちを伝えたいと思ってはいても、子供に手やお金がかかってしまい、毎年お中元やお歳暮を選んで贈り続けるのはかなりの負担になってしまうというケースもありますよね。

無理なく続けられるのであればもちろん続けるに越したことはありませんが、それが負担になってしまっているのなら失礼にあたらないようにして、やめてしまうほうが良いと思います。

お中元は始めたらずっと贈り続けるのがマナーと言われていますが、一度きりでやめてしまうのはタブーとしても状況によってはやめても大丈夫なのです。

あなたにとって、ストレスにならないようにしましょう。決して無理する必要はありませんよ!

error: Content is protected !!