出産祝いの相場は?何をいつまでに贈る?

出産祝いのご祝儀袋

出産祝いの相場は?

できれば相手の喜ぶ品物を選んで贈りたいものですが、先方に聞いても、必要なものは整っていたり、欲しい品物を聞けない場合もあります。

もちろん現金もきちんとしたお祝いに変わりはありませんので、「御出産祝」と表書きした祝儀袋に包み、必ずお祝いの言葉や「お好きなものを買って、役立ててください」などと手紙やカードを添えて贈りましょう。

金額は親戚なら1万円から2万円、友人は5,000円から1万円が目安です。


出産祝いに何を贈るのが良いか?

かつては、妻の実家から赤ちゃんの晴れ着一式を贈るのがしきたりだったこともあり、ベビー服を贈るのが一般的ですが、ほかにもお風呂用具などの実用品や、おもちゃや絵本も喜ばれます。

ただ、他の人と重なってしまうのは避けたいので、親しい間柄なら、希望の品を聞いてみるのも良いでしょう。

また、赤ちゃんだけでなく、母親への贈り物も出産祝いになります。「お疲れさま、がんばって」という気持ちをこめて、授乳に便利な洋服やグッズなどを贈るのも喜ばれます。

新生児に必要なものは、当人達が揃えていることが多いので、6ヶ月から1年後に身に付けられるものがお勧めです。サイズが分からなければ、店の人に相談すると良いでしょう。

また、それを身に付ける季節のことも考えて、素材などにも気を配りましょう。

出産祝いはいつまでに贈れば良いか?

生まれましたという知らせを受けてから、3週間以内には相手に届くようにしたいものです。

その時期入院中であれば、病室はそれほど広くないので、病院に送るのは避けましょう。

また、退院後は自宅ではなく実家に滞在している人もいます。事前に確認してから送ります。

出産祝いは持っていくか送るか、どちらが良いか?

本来出産祝いはお七夜(生後7日目)に行くのが最適とされてきましたが、今は退院時期にあたるので避けるのが懸命です。

赤ちゃん見たさに、産後すぐに訪ねたい気持ちはわかりますが、相手はまだまだ大変な時期。身内や、とくに親しい間柄なら、すぐに駆けつけても問題はありませんが、一般的には送るほうが相手に気を遣わせずに済みます。

金品は配送にし、落ち着いたところに連絡をして、相手の都合を聞いてから会いにいく方が良いでしょう。赤ちゃんの世話で疲れている母親の体調に配慮して、長居はしないように。

また、勝手に赤ちゃんを抱いたり、頬ずりしたりは控えます。

error: Content is protected !!