長寿のお祝いはどの年齢で?何を贈る?

長寿祝い

どの年齢でお祝いするものか?

一番有名なのが60歳の還暦のお祝いです。その他にも喜寿、米寿など年齢によって様々な意味があります。

せっかくですから、それぞれの名称の由来を知った上でお祝いをするようにしましょう。

親戚や親しい友人などが集まり、祝宴を開いて贈り物を渡すなどし、楽しく過ごす時間をつくりましょう。


年齢の数え方は?

最近では、誕生日前日午後12時に加年する「満年齢」で祝うことが増えていますが、高齢のお祝いになるほど、生まれた時点で1歳とし以後元日がくる毎に1歳加算する「数え」で早めに祝うことも多いようです。

お祝いの日取りは、満年齢なら誕生日に近い日、数えならお正月過ぎが一般的です。

ただ、何よりみんなでお祝いする楽しい場にしたいので、できるだけたくさんの人が参加できる日程を調整しましょう。

お祝いの品はどんなものが良いか?

長寿のお祝いはそれぞれに意味があります。

還暦は、60年でひと回りした干支が生まれた年の干支に戻るため、赤ちゃんに戻るという意味や魔除けの意味から「赤」にちなんだ座布団や帽子などの品物を贈る習わしがあります。

そのような贈り物でも良いですし、思い浮かばなければ、本人の趣味や好みに合わせた品を選びましょう。

もしくは、みんなでお金を出し合い、金額の大きなものや旅行などをプレゼントするのも喜ばれます。

賀寿の名称と由来

・還暦(60歳)
十干十二支が60年でひと回りして、生まれた年の干支に戻る。

・古希(70歳)
唐の詩人、杜甫の「人生七十古来希(こらいまれ)なり」という詩にちなんでいる。

・喜寿(77歳)
喜の草書体が七十七と読めることに由来する。

・傘寿(80歳)
傘の略字が八十と読めることに由来する。

・米寿(88歳)
米の字が八十八と分解できることに由来する。

・卒寿(90歳)
卒の略字が九十と読めることに由来する。

・白寿(99歳)
百の字から一を引くと白となることから。

・茶寿(108歳)
茶の字は八十八の上に、十が二つで20となり、合わせて108となることから。

・皇寿(111歳)
皇の字を、白、一、十、一に分解する。九十九を表す白に一と十を足すと111になる。

・珍寿(112歳)
112歳以上はきわめて珍しいので、これ以降は毎年祝う。

error: Content is protected !!