正月飾り。門松を置けない時はどうする?しめ縄、鏡餅はどこに飾る?

正月飾り
お正月とは「歳神様」を迎えるための祭り。
正月飾りや初詣、おせち料理などには、それぞれきちんとした意味があります。しきたりを理解して新たな年を迎えましょう。


正月飾りとはどのようなもの?

「お正月」とは、新しい年に幸福と平安をもたらす「歳神様」を迎えるための祭りで、この神様を別名「お正月様」とも呼びます。
まず、その一年の締めくくりとして大掃除をしましょう。
一年の汚れや厄を落として家の中を清めたら、歳神様を迎えるために、門松やしめ縄、鏡餅と行った正月飾りを用意します。

昔から、12月13日は「正月事始めの日」として、お正月の準備を始める目安とされてきました。
また、29日に門松や鏡餅を飾るのは、九の日の「苦」と「松」=「苦を待つ」を意味し、餅も同じように「苦」と「餅」=「苦を持つ」になるため、縁起が悪いということから、昔からタブーとされています。
また、大晦日も「一夜飾り」といって、神様を迎えるのに、一晩だけでは誠意が足りないとされ、よくありません。

以上のことから、正月飾りは28日までに用意するのが良いとされています。
もし無理だった場合には、30日に準備をしましょう。

門松を置けない時はどうしたら良いか?

門松は歳神様の「依り代(よりしろ)」、つまり神様が天から降りる時の目標で、家の門や玄関の両脇に立てるようにします。
正式な門松は、竹三本を真ん中に立てて松をあしらい、根元を割り木で囲んで荒縄で結んだもの。

しかし、今は住宅事情の変化もあり、家庭では伝統的な門松を飾ることは少なくなりました。
マンションなどでは、小さな門松を玄関に置いたり、リース風の松飾りをドアにつけましょう。

しめ縄にはどんな意味があるか?

しめ縄は、神様が占める清浄な場所を示すための印であり、魔除けの意味があります。
本来は、家の周りに張り巡らすものとされていました。

しかし、現在では、新しいわらで編み込み、四手(しで)を挟んだしめ縄を、神棚や門口などに張るという略された形になっています。
また、しめ縄を更に略式にしたのがしめ飾り。邪気を祓い、災いの侵入を防ぐ意味で玄関やドアなどに飾ります。

鏡餅はどこに置けば良いか?

三方の上に半紙か奉書紙を敷いて鏡餅を置き、その上にゆずり葉や橙(だいだい)などをあしらうのが正式な鏡餅です。
飾る場所としては、床の間の中央正面と、神棚に飾るのがしきたりとされています。

現在では、塗りの盆に半紙などを敷いて鏡餅を置き、橙ではなくみかんを乗せる略式でも良いです。
床の間や神棚がなければ、リビングボードや玄関などに飾ると良いでしょう。

鏡餅は、昔は貴重な食べ物であった餅を神様に供えて祝うものです。
由来としては、昔は宝物とされていた丸い鏡の形である「飾り餅」が転じて「鏡餅」になった、など諸説あります。

正月飾りや鏡餅はいつ下げる?処分方法は?

しめ縄や門松などは、松の内である7日に下げます。
鏡餅を下げて食べる「鏡開き」は、それよりも遅い11日です。
堅くなった鏡餅は、お汁粉や雑煮にして頂きます。
縁起を担ぎ、餅を切らずに「開く」として、木槌や手で割って砕くようにしましょう。

正月飾りは、神社などで行われる「どんど焼き」に出す地域が多いものです。
しかし、タイミングを逃してしまったり、どんど焼きが行われないこともあるでしょう。
その場合は、ゴミとして出して構いません。

ただし、そのまま捨てるのではなく、細かく切って紙などにくるんでから、ごみ袋に入れて出すようにしましょう。
また、燃やす場合も、ごみに出す場合も、プラスチック製の飾りなどは地域のゴミ分別の規則に従って処分しましょう。

error: Content is protected !!