おせち料理の由来は?お客様におせちを振舞っても良いか?

おせち料理

おせち料理の由来

おせち料理とは「御節供(おせちく)」を略した言葉です。
元々は、桃の節句や端午の節句などの五節句に神様にお供えした祝い料理全体を指していました。
その後、五節句の中で一番重要な正月料理を指すようになったとされています。

また、日頃忙しい主婦が、せめてお正月の三が日くらいは台所仕事をしなくて済むようにという配慮もあり、暮れのうちから料理を準備しました。
料理の内容は地域や家庭によって様々ですが、濃い味に煮込んだり、酢でしめたり、焼いたりした料理が多いのは、保存食として長持ちさせるためです。


おせち料理に込められた願い

伝統的なおせちは、素材や料理に家内安全や無病息災への願いが込められています。
なかでも、黒豆、田作り、数の子の三つは「祝い肴」と呼ばれる代表的なものです。

・黒豆
 一年の邪気を祓って豆(まめ=達者)に暮らせるように。
・数の子
 子が多くなり、子孫が繁栄するように。
・田作り(ごまめ)
 小さな魚のごまめを田んぼの肥料にして収穫を得たことから豊作を祈願して。
・昆布
 喜ぶの語呂合わせ。
・伊達巻き
 卵は子孫繁栄、巻くは喜ぶこと。
・なます
 神聖な色の白と、めでたい色の赤を、大根とにんじんで表したもの。
・きんとん
 黄金色の小判を意味し、財産が増えるように。
・れんこん
 穴が空いていることから、将来の見通しが良いことを願って。

お客様におせちを出すのはいつまで?

お客様や親戚が訪ねてきた際に、いつまでおせち料理を振舞っていいのか、わからないものです。
おせち料理は元々お正月の三が日の保存食という意味があります。

ですから、三日が過ぎていたら、別の料理でおもてなしをするようにしましょう。
実際、三日を過ぎると、先方がおせちに飽きている可能性もあります。

お正月に使う「祝い箸」とはどんな箸?

お正月のおせちや雑煮を食べる際に使う箸は「祝い箸」と呼ばれています。
箸が折れるといった縁起の悪いことが起こらないようにと、コシが強くて丈夫な柳でできた丸箸を使います。

また、両方の端が細くなっているのが特徴で、神様用と自分用に使うためと言われています。
お正月には、紅白の箸袋に入ったものを選ぶようにしましょう。

屠蘇(とそ)は誰から飲むもの?

地方や家柄によって違いはありますが、年少者から年長者の順に飲むというのが一般的です。
屠蘇とは、昔、中国の名医が皇帝に献上した薬酒で、元旦に飲めば一年間の邪気を祓い、寿命を延ばすと言われていました。
奈良時代に宮中に伝わり、江戸時代に庶民に広まったものです。

正式には水引飾りをつけた塗りの銚子と、大中小、三つの重ね杯を使います。
無事に一年を過ごせた感謝と今年もまた元気で過ごせますようにという気持ちで頂きましょう。

雑煮はいつ食べるもの?

雑煮とは、大晦日に神様を迎えるために供えた餅などの食べ物を元日の朝に下げ、一緒に煮たものを家族で食べ、新年に祝ったことが始まりとされています。
「神様と共に頂く」という意味を込めて、三が日の間は、雑煮を食べて祝うのがしきたりです。

ちなみに、地域や家庭によって具や味付けは大きく違います。
大まかに分けると、関東は角餅を済まし仕立てに、関西は丸餅をみそ仕立てにするのが主流です。
他にも小豆雑煮やあん入り餅を使った雑煮など、様々あります。

error: Content is protected !!