初詣で引いたおみくじ。持って帰るか結びつけるか、どちらが良い?

おみくじ

引いたおみくじはどうすれば良いか?

良い運勢(末吉以上)のおみくじは、持ち帰るのが良いでしょう。
お守りとして持ち歩くほか、部屋に飾っても良いです。

一方、凶や大凶の悪い運勢のものは、あらかじめ神社や寺で定められている、おみくじを結ぶ場所に結んで、吉に変えてくださいと願うようにします。
いずれの場合も、書かれていることをしっかり読み、一年の生活に活かすようにしましょう。

ちなみに、神社や寺によっても違いますが、一般的な運勢の順番は、大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶→大凶が基本とされています。

それまで持っていたお守りはお札はどうする?

前年のお守りやお札などは、新しい年の初詣に持参します。
境内にある納め場所に返納し、お焚き上げ(焼却)をしてもらいましょう。

持って行く神社は、前年お参りしたところでなくても構いません。
ただし、納めた神社には、きちんと賽銭を入れるようにしましょう。

厄年の初詣はどうすれば良いか?

厄年だからと、特別なお参りをする必要はありません。
初詣はあくまでも神様へのご挨拶なので、参拝のみ行います。

厄のお祓いは別の時に。
厄除け専門のお寺や神社があるので、そこに行くと良いでしょう。

error: Content is protected !!