ホワイトデーのお返しの意味って?飴にする?チョコ入りマシュマロはどう?

クッキーとハート型のマシュマロ
バレンタインにチョコをもらったらホワイトデーにはお返しをしなくてはいけませんよね。

デパートなどの特設コーナーにはホワイトデーのお返しがずらりと並んでいますが、種類が多すぎることもあってなかなか決めきれませんよね。

しかも、あまり知られていないことですが、ホワイトデーのお返しの定番である飴やマシュマロには驚くべき意味が隠されていることはご存知ですか?

それを知らずに選んだものを渡してしまうと、あなたが意図していない気持ちを相手に伝えてしまうハメになってしまうかもしれませんよ。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味って?

バレンタインとホワイトデーはセットで考えられがちですが、実はホワイトデーの歴史はまだまだ浅いのです。

しかもホワイトデーは、まさかの日本発祥のイベントなんですよ。

日本でもようやくバレンタインの文化が定着しつつあった昭和50年頃に、日本のお菓子メーカーが「ホワイトデーという日を作ってしまおう」ということで作られたのが、3月14日のホワイトデーなのです。

このホワイトデーの習慣は、バレンタインの発祥の地である欧米諸国ではあまり見られないとのことです。

「何かもらったらお返しを」と考える日本人らしい発想ですよね。

ホワイトデーのお返しの意味 飴はどう?

英字新聞とレースペーパーに乗せられた飴
ホワイトデーの発祥を知ったところでいよいよ本題に入ります。

スポンサードリンク

お返しに渡すものの意味について紹介していきたいと思います。

ではここであなたがバレンタインにチョコをもらった女性についてお尋ねします。

あなたはその彼女について「いいな、好きだな、付き合いたいな」なんて思っていませんか。

そんなあなたにおすすめなのはズバリ「飴」です。

ホワイトデーで渡す飴に込められた意味は「あなたが好き」です。

義理チョコに飴をお返したらややっこしいことになりかねないので、本命チョコをもらった場合かつ相手に好意を抱いている場合のみ使えるアイテムです。

ホワイトデーのお返しの意味 チョコ入りマシュマロはどう?

水色のリボンとマシュマロ
「バレンタインでチョコをもらったけど、付き合えない!」という場合にはマシュマロでいきましょう。

チョコ入りの白いマシュマロがホワイトデーの元祖と言われており、マシュマロに込められた意味は「あなたの気持ちをやわらかく包んでお返しします」という意味なのです。

オブラートに包まずに言えば「あなたが嫌い」という意味です。

あなたがバレンタインチョコをくれた相手に、お断りする意志をはっきり伝えるためにはマシュマロ以外ありえません。

まとめ

相思相愛だった場合にお返しとして飴を渡すのはよいですが、そうではない場合にマシュマロを渡すのはなんとなく気まずいですよね。

お察しします。そんな波風立てたくないあなたは「クッキー」にしましょう。

クッキーの意味は「大切な友達」です。

これで誰も傷つかずにすみますね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする