会社での印鑑は支給されるの?経費で落とせるの?社会人として必要?

シェアしよう!

印鑑と印鑑ケースと朱肉
新しい会社に転職し会社で担当印が必要だと言われた場合、どうすれば良いのでしょうか。

会社で使うものですので、支給されるのが当たり前なのでしょうか?

それとも個人で購入する必要があるのでしょうか?

スポンサードリンク

会社での印鑑は支給されるの?

会社の業務で使う印鑑は、会社で用意される物だと思われている方も多いと思います。

では、実際にはどうなのでしょうか。

これは会社により、支給される場合とされない場合があります。

業務上で印鑑の使用を義務付けている会社ですと支給してくれる場合もありますが、大抵の会社は自分で用意する必要があるようです。

しかし、これは会社の規定によるものですので、一概には決まりがありません。

また、会社で支給してくれる場合には、法律上は貸与品という事になりますので、退職時には会社に返還する義務があり、紛失した場合などには実費で支払いをしなければいけない場合もあるようです。

会社での印鑑は経費で落とせるの?

電卓を指さすビジネスマン
では、会社で支給されなかった場合に個人で購入した物を経費として会社に請求することは出来るのでしょうか。

こちらも会社によって様々なようです。

スポンサードリンク

会社で必要な物は経費として申請することができますが、会社によっては個人の物として扱い実費負担をお願いする場合もあるようですので、経理の方に聞いてみるのも良いと思います。

しかし、最近では百円ショップなどでも簡単に印鑑を購入することが出来ますので、他の人が実費で購入しているのであれば会社の規定に従い、予め自分で用意しておくと良いスタートが切れるのではないでしょうか。

社会人として印鑑は必要?

印鑑ケースを持つ左手のアップ
もし、自分で用意する必要があるのであれば、この機会に今後プライベートでも使えるようなしっかりした物を別に購入するのも良いと思います。

社会人になりますと、自分で銀行口座を作る時や保険の契約、印鑑証明を登録したりする等の時にきちんとした印鑑が必要になります。

そういった時にも使えるような印鑑を用意しておくと、一人前の社会人として気持ちの上でもけじめがつくのではないでしょうか。

女性の場合ですと、今後結婚で苗字が変わり作り変える必要が出てくる可能性もありますので、少し控えめの物を用意しておくと良いと思います。

また、このような機会にきちんとした印鑑を作っておくと、婚姻届を出す時などちょっと特別な時にも役に立ちそうですね。

まとめ

日本では印鑑がサイン代わりになり、色々な場面で必要になります。

会社によっては個人用として支給される場合や、自分で購入し経費として請求することも出来る場合があるようです。

しかし、支給されない場合や実費となる会社も多いようですので、入社する前に確認しておくと良いでしょう。

また、就職や転職を機に自分用にもきちんとした印鑑を購入しておくのも良いですね。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!