目の下のたるみを取る方法ってあるの?原因は何なの?おすすめなのは?

目元を気にするミドル女性の様子
年齢と共に気になってくるのが、口の横のほうれい線や目の下のたるみ。

特に、目の下のたるみってどうしても老けて見えますね。

子供の学校の集まりでも私だけって、他のお母さんと比べてしまって落ち込んでしまったり。

エステにいくことも出来るけど、子供の教育費など考えるとなるべく使いたくないのが本音ですよね。

お金をかけないで何とかならないか?

目の下のたるみを取る方法を調べてみました。

スポンサードリンク

目の下のたるみを取る方法は?

テレビでもよく取り上げられている、目の下のたるみを取る方法。

確実に取り除くには、エステなどでたるみを取り除いてもらうことです。

脂肪を取るのではなく、肌の下にコラーゲンなどを注入してたるみを持ち上げる方法と、脂肪を取り除く方法と2通りあります。

しかし、時間が経つとたるみはまた出来てきます。

また、目の周りの筋肉、表情筋を鍛えることも大切です。

目の周りのストレッチ、顔の表情を豊かにする体操など、色々と方法があります。

さらに、目の下のたるみを保湿性の高いスキンケアを行うことで改善することも可能です。

このように、目の下のたるみをとる方法は複数ありますので、諦めずに自分に合った方法をみつけていきましょう!

また、目の下のたるみにはいくつかの原因が考えられます。

そこでまず大事なのは、たるみの原因を突き止めてケアすることです。

目の下のたるみの原因は何なの?

顎に手を当てて首をかしげる女性の様子
若い頃から目の下がたるんでいるという人は殆どいません。

目の下のたるみは、肌の中の弾力性を保つ成分である、ヒアルロン酸やコラーゲンの不足が直接の原因です。

すなわち老化現象といえます。

肌の弾力性がなくなって、表皮がやせた状態となってしまいます。

皮膚が薄く、そのやせ肌がたるみとなってしまうのです。

私たちの表情を作っているのは表情筋です。

肌が薄いので、この筋肉が動くときには表皮も一緒に動きます。

スポンサードリンク

しかしこの筋肉も加齢と共に衰えていきます。

笑ったり話したりすると筋肉を使いますが、重力がかかり下に下がって、表皮を支えきれずにたるみになるケースもあります。

加齢とともに弾力性を作るヒアルロン酸やコラーゲンが減少していき、皮下脂肪はそのまま、これだとたるみの原因になってしまいますね。

または年々と新陳代謝が悪くなる中で脂肪が増加し、重力がかかってたるみの元になる事もあるようです。

怖いですね。

本当に齢は取りたくないものです。

これらのことから、たるみの改善はヒアルロン酸、コラーゲンなどの肌の弾力を保つ成分を補給することと、重力に負けない筋肉を作ることと言えるでしょう。

目の下のたるみにおすすめなのは?

目元に指を当てる笑顔の女性の様子
そこでおすすめの方法をご紹介します。

目を見開いたり強く閉じたりする表情筋の体操や、表情筋にいいといわれるつぼを押すなど、筋肉をつくる方法がいくつかあります。

確かにお金はかかりませんが、毎日習慣にして続ける必要があり、たるみがなくなったと実感するまでにはかなり時間と根気が必要です。

できるだけ面倒くさくないほうがいいですし、なるべく早く結果が出てくれたほうが嬉しいですよね。

そこでおすすめなのが、美顔器を使うこと。

美顔器も、目の下のたるみを治す方法の一つなのです。

美顔器にも色々ありますが、目のたるみに良いといわれてるのが、エステナードリフティです。

エステナードリフティはハンディタイプで、値段も9800円と手頃です。

患部を暖め、ほぐしながらEMSで表情筋を刺激することで、弛んでいる筋肉を強くしていきます。

そして肌の弾力性を保つイオン成分を肌に浸透させ、目の下のたるみを取り除いていくのです。

つまり、スキンケアと表情筋を鍛える事が一度にできるというわけです。

1週間に2回5分ほど行うのが効果的だと言われています。

これだったら続けられそうですよね。

まとめ

今すぐにでもなくしてしまいたい目の下のたるみですが、自宅で美顔器を使うことでエステや美容外科に行かなくても自分でケアすることができます。

費用もそこまで高額ではないので主婦にとっても嬉しいですね。

エステナードリフティを使って1ヶ月くらいで目の下のたるみをなくした口コミもありますので、効果が期待できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク