停電で冷蔵庫の中身はどうなる?冷凍庫は?対策はどうする?

色とりどりのフルーツ
急な災害が起こった時だけではなく、日常的に起こる可能性がある停電。

工事の時や、計画停電など、予想できる場合もありますよね。

現代人の生活にとって、欠かすことのできない電気。停電が起こった時に、心配な事はなんでしょう?

今回は、大事な食料を預かる、冷蔵庫について考えてみたいと思います。

停電した時、冷蔵庫の中身はどうなってしまうのでしょうか?

また、備えておくべき対策には、どんなものがあるのでしょう?


停電で冷蔵庫の中身はどうなる?

いざ停電した時、食料の確保という点で、冷蔵庫の中身がどうなるのか心配ですよね。

実は、冷蔵庫の温度が急激に上がるという事はありません。冷蔵庫は保温機能がしっかりとしているので、停電したとしても、巨大なクーラーボックスとして活躍してくれます。

外気の温度にもよりますが、夏でも停電してから2~3時間は、庫内の温度を保ってくれます

つまり、中の食品の温度も保たれ、保存性も保たれるということになります。

しかし、ここで注意しなければならない事があります。

それは、扉の開け閉めをしない事

仮に気温が30度の時、扉を5秒ほど開けただけで、庫内の温度が2度程、急上昇してしまうのです。

停電で冷凍庫はどうなる?

では、冷凍庫はどうでしょうか?

冷凍庫の場合、ある程度、中身が詰め込まれている方が、食品がお互いに保冷剤の役割を果たしてくれるため、庫内の温度を保つ事ができます。

冷凍庫の場合も、扉を開けると急激に温度が上昇してしまいます。

扉を開け閉めしない場合は、4時間程度、冷凍食品を凍ったまま保存できます

製氷機の氷も、7時間程度、溶けずに残っているようです。

しかし、停電の時間が長かったり、扉を開け閉めしてしまった場合。

冷凍食品が溶けてしまう事があります。

その際、再冷凍すると品質が落ちてしまうので、一度溶けた冷凍食品は再冷凍せずに、すぐに食べてしまうか、処分するようにしましょう。

停電の冷蔵庫の対策はどうする?

停電に備えて、冷蔵庫の対策をしておくとよいでしょう。

まずは冷凍庫の中身を整理して、冷気が充分に循環できるようにしておきます。これによって、冷蔵庫の冷却効率が上がります。

さらに定期的に、扉についているゴムパッキンの点検をしておいてください。

ゴムパッキンがゆるんでいると、冷気が逃げてしまうので、庫内の温度が上がってしまいます。

クオカードのような薄いカードを挟んで、扉をしめてみてください。

カードが落ちる時には、パッキンがゆるんでいる証拠です。パッキンの交換をしましょう。

他には、予め停電する事がわかっている場合には、ドライアイスを用意しておく手もあります。

ドライアイスによって、庫内の温度を保つことができます。

しかし、普段からドライアイスを用意するのは難しいですよね。

この場合、ペットボトルに8割ほど水を入れて、蓋を閉め、そのまま冷凍庫へ。凍った水入りのペットボトルを冷蔵庫に移せば、保冷剤として利用する事ができます。

さらに、溶けた水はそのまま利用できるので、災害の時などは便利です。

冷凍庫はある程度中身が詰め込まれている方が、保冷効果がありますので、その点でも効率的です。

まとめ

いかがでしょうか?

急な停電でも、対策を知っていると、冷蔵庫の食品を保冷しておく事ができます。

それでも、少しでもおかしいと感じた場合は、思い切って食品を処分する事も重要な事です。

食中毒を起こしてしまうと、元も子もありません。

慌てずに対処して、なるべく食品を無駄にする事なく、停電を上手に乗り切りましょう。

error: Content is protected !!