「受け取りました」の適切な使い方と状況に応じて使い分けたいその類語

受けとる女性
「受け取りました」は日常的な言葉であり、特に意識して使用する人も少ないでしょう。しかし、どれだけの人が正しく使用できているでしょうか。

シーンや相手に応じて適切な敬語を使い分けられてこそ社会人ですので、その意味と使い方、同じ意味でもシーンや相手に応じて使い分けたい類語などについて見ていきましょう。

「受け取りました」の示す意味

「受け取りました」とは、「受け取る」という動詞に「ました」という助動詞を付けた丁寧な表現です。

その「受け取る」という言葉ですが、厳密に考えると2種類の意味があります。

目に見える物体を渡された時などに、それを手で受け止め収めるという物理的な意味が一つです。ビジネスシーンなら書類やメールなどを受け取った時に使います。

また、何かの説明を受けた時などに、了解したという意味でその趣旨を「受け取りました」というふうにも使います。この場合、物理的な物体は存在しませんが、相手が投げかけたものを自分が確かに受けたという意味を示すのに用いられます。

厳密に考えるとこのように意味が分かれますが、実際はそこまで深く考える必要はなく、目上の人に使っても失礼な表現ではありません。

ただ、より丁寧にしようとして、「お受け取り致しました」と丁寧語の「お」と謙譲語の「致しました」をさらに付ける人がいます。

一般的な言葉ですが、このような表現は二重敬語になるので文法的には正しいとは言い難いです。相手との関係性やシーンによっては過剰な表現となってしまうこともあるので注意してください。

「受け取りました」の実際の使い方

ビジネスシーンでは、「受け取りました」単体より、確実に受け取ったことを表すために、頭に「確かに」と付けて「確かに受け取りました」と用いられることが多いです。

たとえば、メールに添付のファイルなどを確実に収めたことを相手に伝えるのに適しています。

また、同じく確実性を表すとともに、誤配や破損などの事故なく受け取ったということを示すために、頭に「無事に」という言葉を付けて「無事受け取りました」という使い方もよくされます。

相手から事前に何かを送る旨を伝えられている時などに、こうした確実性を表す修飾語を付け加えると有効です。

「受け取りました」の類語や言い換え

「受け取りました」と言うだけでも、基本的には相手を問わず失礼のない敬語です。

ただ、若干カジュアルな印象を与えることもあるので、社内の人など距離が近い相手ではない場合はより敬意を表す尊敬語を使用したほうが適切なこともあります。

たとえば「受領」や「拝受」という言い方です。「受領」とは金銭などを受け取ることを示す言葉ですので、支払いなどで金銭のやり取りがある時などに「確かに受領しました」などと使うとふさわしいでしょう。

「拝受」は「受領」のへりくだった言い方で、お得意様や年長者など相手の立場が上であることを示す際に、「お手紙を拝受しました」などと最上級の尊敬を込めて使用します。

ただ、受領や拝受という言葉は、社内の気軽なシーンで使うと堅苦しくなりすぎて、かえって場違いな印象を与えることもあります。相手との関係性で使い分けることが大切です。

なお、「いただきました」という表現も「受け取りました」の類語であり、何かをもらった時などに使用します。「いただく」という表現は「もらう」という言葉の謙譲語ですので、目上の人とのやり取りに使用しても問題ありません。

まとめ

敬語にはいろいろな表現がありますが、大切なのは相手との関係性や状況に合わせて適切な表現を使い分けられることです。

距離の近い先輩に「お申し越しの書類を確かに拝受いたしました」などと使ってはあまりにも場違いで悪い印象を与えることにもなりますし、逆もまたしかりです。

受け取ったということを表すだけでも、TPOに合わせて適切な表現を選べるようになりましょう。

error: Content is protected !!