ビジネスマナー

「この度はお手数をおかけして」の意味と使用に適した場面

「この度はお手数をおかけして」などという表現はビジネスシーンで頻出です。

便利な表現なので特に意識せずに使っている人も多いですが、「お手数」の意味を正しく理解せずに使われていることがあります。

そこで、「この度はお手数をおかけして」の「お手数」の意味と、その使い方のバリエーション、他の類似表現などについて見ていきましょう。

「お手数」の意味

「お手数」という時の「手数」は「てすう」と読みます。

「数」を訓読みして「てかず」という読み方もありますが、「てかず」と読む時は、ボクシングなどで繰り出したパンチの回数などを表す時など限られた場面です。

ビジネスシーンで「お手数をおかけして」と言う時は、もっぱら「てすう」と読むと覚えておきましょう。

その意味は「他人のためにかける時間や労力などの手間」です。

つまり、「この度はお手数をおかけして」と言うと、「今回はお手間を取らせました」という意味になります。

それに続けて感謝やお詫びの気持ちを表すのが通例です。

目上の人にも使える「お手数をおかけする」

「お手数をおかけする」という表現は、敬語として目上の人に用いることが可能です。

「お手数」「おかけする」と「お」の付く言葉が続くため二重敬語ではないかと思ってしまいそうですが、敬語表現的にも間違いではありません。

上司やお客様にも使えます。

「お手数をおかけしました」だけでも敬語として正しいですが、実際に使用する際は「この度はお手数をおかけして申し訳ございません」や「この度はお手数をおかけしました。○○様のお心遣い誠にありがとうございます」などと補足の言葉を添えるとよいでしょう。

謝罪に用いる際には注意が必要

「お手数をおかけして恐縮です」や「お手数をおかけしましたことをお詫び申し上げます」など、「お手数」という言葉は謝罪にも使えます。

ただし、この場合の謝罪は、相手の時間や労力など手間を取らせたことに対してです。

相手に迷惑や被害をかけたことに対する謝罪には「お手数」という言葉はふさわしくありません。

たとえばクレームに対する謝罪であれば、「ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」のように「迷惑」など別の言葉を使うべきです。

「お手数をおかけする」の類語表現

「この度はお手数をおかけして」には、時間や労力など相手の手間を取らせたことに対する感謝や謝罪の念があります。

別の表現で同じ意味を表したいのであれば、「この度はご面倒をおかけして」や「この度はお手を煩わせて」なども使用可能です。

「面倒をかける」とは「手数をかける」とほぼ同義ですから、相手に手間を取らせたことを感謝やお詫びする時に適しています。

「手を煩わせる」も「面倒をかける」という意味ですので、同じく「お手数をおかけして」と言いたい時に、「お手を煩わせて」と言い換えられます。

「お手数をおかけします」と言われた時の返事の仕方

相手から「この度はお手数をおかけして」と言われた時は、それに続く言葉が感謝であれお詫びであれ、それを軽く打ち消すような表現を使って返事するとよいでしょう。

同格の相手に対してであれば、「どういたしまして」や「大丈夫ですよ」など軽い返事でもかまいません。

目上の人に対してはもっと丁寧な表現を使って、「お気になさらないでください」や「とんでもないです。いつでもご遠慮なくお申し付けください」などとするとスマートな印象を与えます。

まとめ

「この度はお手数をおかけして」で始まる表現は、感謝やお詫びなどいろんなシーンで用いられます。

便利な表現ですが、謝罪など適さない場面もあるので注意してください。

言葉の意味を考えて、それにふさわしい場面で上手に使い分けられるようにしましょう。