節分の鬼の衣装の作り方は?100均で使えるものは?リアルを求めるなら?

13874850
2月3日は節分の日!

お子さんがいる家庭では、欠かせない行事の一つではないでしょうか。

鬼のお面をつけて鬼の役をするのもいいですが、せっかくするのであれば全身、鬼の格好で役に徹してみてはいかがでしょうか。

鬼の衣装を作るのは、案外簡単なものです。

そこで、簡単にできる衣装の作り方や、使える100均グッズとともにリアルを求めるなら通販のご紹介します。

スポンサードリンク

節分の鬼の衣装の作り方は?

鬼の衣装は赤のタイツにトラ柄のパンツですね。

トラ柄のパンツは、トラ柄の布地を使うことで簡単にできます。

<材料>
・トラ柄の布地
・ウエスト用のゴム
・チャコペン
・ミシン
・アイロン
・裁縫用ハサミ
<作り方>
1:トラ柄の布地を用意し、柄が横向きになるように、置きます。

  横幅はヒップ÷2+30cm
  縦幅は作りたいズボンの丈+6cm
  のサイズに布を裁断します。

2:同じものを2枚作ります。

3:切った布を中表に、2枚合わせます。

4:両脇にチャコペンで、股上カーブの線を書いて切ります。両脇のサイズが合うように調整してください。

5:布を中表にしたまま、股上カーブを縫い代1cmで縫い、3mmほど外側も縫います。(ほつれ防止のため)

6:股下の部分を1枚上に折り、そのままの状態で両端を合わせて、縦半分に折ります。

7:端になっている股下の部分を、縫い代1cmでまっすぐに縫い、3mmほど外側も縫います。(ほつれ防止のため)

8:ウエストを始めは1cm、次に2cmの幅で、三つ折りにして、アイロンで折り目をつけます。(ゴムを通すために、3cmほど残して縫います。)

9:裾は1.5cmの幅で、三つ折りにします。

10:アイロンで折り目をつけてから、縫います。

11:縫い終わったら、布を表にかえします。

12:ウエストにゴムを通して完成です。

赤のタイツやトップスは市販のものでいいでしょう。

節分の鬼の衣装100均で使えるものって?

14323687
トラ柄のパンツが用意できたらあとは顔の部分です!

アフロヘアーはパーティー用として、ダイソーで400円で売られています。

またそこに角を付けなくてはいけないので手っ取り早いのは「鬼のお面」ですね!これなら100円で手に入ります。

スポンサードリンク

節分の鬼の衣装リアルを求めるなら?

もし、子供を怖がらせたくて、リアルさを求めるなら通販で買ってみてはいかがでしょうか。

また、登場の時に怖いBGMを流してみるのもいいですね。

まとめ

3741432
豆まきは邪気を払い福を呼び込むための行事ですが、家族と楽しく過ごす時間でもありますよね。

子供が成長するのはあっという間です。

今だからこそできる子供との触れあいの時間としても大事にしたい行事です。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする