ご祝儀の金額、兄弟の相場は?夫婦で出席とご祝儀なしのケースは?

結婚式のご祝儀袋とお金
結婚式や披露宴、おめでたいその席に出席するのは喜ばしい半面、ご祝儀の金額に頭を悩ませることってありませんか?

そんな金額の相場やご夫婦で招かれた場合や、身内(兄弟)と友人との違いも把握しておきましょう。


ご祝儀の金額 兄弟の相場は?

友人知人の結婚式では3万円が約7割と主流のようです。ただし、普段からのお付き合いの深さや年齢によって決めるのがいいですね。

親族や兄弟の場合は5万円から10万円が多いようです。

マナーとしてご祝儀金額は奇数にするのが一般的です。割り切れないことからお2人の縁が切れないことを意味するそうです。

例外として2は「ペア」、8は「末広がり」という意味があり、失礼にならないとされています。

どうしても偶数になるのが気になってしまう方は、お札の数を奇数にするのもいいでしょう。また、縁起の悪い4や9は避けましょう。

お金を包む際のご祝儀袋にも注意が必要です。包む金額の1%のご祝儀袋を使うのがよいとされています。3万円の場合は300円、5万円の場合は500円を目安にしましょう。

あまり豪華すぎず、質素すぎないものを選びたいですね。

ご祝儀の金額は夫婦で出席する場合はいくら?

友人知人に招かれてご夫婦2人合わせてご祝儀を渡すときはどうでしょう。

通常1人で出席の場合の相場が3万円ですので、2人分で6万円となるところですが偶数になってしまうので5万円から7万円が基準です。

しかしご夫婦で7万円の出費はなかなか厳しいですよね。でも5万円では1万円分、ちょっと気がひける…

そんなあなたは、ご祝儀と一緒に気持ちのこもったプレゼントを用意してみてはいかがでしょうか?

その気遣いをきっと喜んでいただけますよ。

兄弟の結婚はご祝儀なしで?

親族の場合は友人知人より多めに包むのがセオリーです。兄弟姉妹や親戚にはご夫婦で7万円から10万円が妥当な金額です。

ただし、近い間柄では事前に相談するのも大切です。兄弟姉妹の場合、お互いご祝儀はなしにしようという事も少なくないようです。普段話しにくい話題も、関係が近いからこそ話し合えるのかもしれませんね。

しかし、ご祝儀なしでとりきめたときもお祝いの気持ちは忘れずに伝えたいものです。プレゼントを用意するのもいいでしょう。

また後日、食事の席にご招待するのも
今後のお付き合いを深めるきっかけになりますね。

まとめ

特に付き合いの深い親族の結婚は自分のことのように嬉しいものですよね。

だからこそマナーを守ってお祝いしてあげたいものです。金額を悩むあまり、気持ちがこもらなければ意味がありません。

お二人の幸せを願って、祝福の想いと一緒にお渡ししましょうね。

error: Content is protected !!