敬語・言葉

「遠慮させて頂きます」の正しい使い方と言い換え可能な類似表現

感謝する女性

「遠慮させて頂きます」とはビジネスシーンでもよく聞かれる言葉ですが、どのような場面で用いるのが適切でしょうか。

特に意識せず多用していると、思わぬ誤解を与えてしまうことにもなりかねません。

そこで、「遠慮させて頂きます」の敬語としての正当性、正しい使い方、よくある誤用、言い換え可能な表現などについて詳しく見ていきましょう。

「遠慮させて頂きます」は二重敬語ではない

「遠慮させて頂きます」は「遠慮します」を丁寧にした表現ですが、二重敬語ではないかとの誤解があるようです。

しかし、この表現は文法的に正しく、敬語表現は重複していません。

「遠慮」という言葉に「させて頂く」という謙譲語を組み合わせたものですので、「遠慮させて頂きます」でまったく問題ないのです。

遠慮という行為を自分がすることを相手に認めてもらうというニュアンスになります。

簡単に言えば、相手の誘いを断る時の表現です。

別の敬語で言い換えるなら「お断りします」ということになりますが、それではあまりにも突っぱねる感が強すぎますし、言われた相手も気分を害する可能性が高いでしょう。

そのため、断りの意思を伝える点では同じですが、「遠慮させて頂きます」とすることでその意思を柔らかい表現で伝えることができます。

ですので、目上の人の誘いを断る際に使っても、日本語としては失礼になりません。

もちろん相手の申し出を拒否することには変わらないため、言葉は丁寧でも心情的にはネガティブなイメージを与え得ることには注意しましょう。

「遠慮させて頂きます」の使用例

ビジネスシーンでは相手の申し出を断る時に使います。

業務上のことだけでなく、酒席の誘いなど上司から受けた際にも使用可能です。

「今晩どう?」と上司から言われて「お断りします」では角が立ちますが、「外せない用事がありまして、申し訳ありませんが遠慮させて頂きます」と言えば空気を壊さずに断りの意思を伝えられます。

このように、「遠慮させて頂きます」の一言ではなく、断る理由と「申し訳ございません」などの謝罪を付け加えるのがポイントです。

こうすることで、言われた相手も「それなら仕方ないな」と気分を害さずに納得してくれるでしょう。

「遠慮させて頂きます」の誤った表現

「遠慮させて頂きます」とは自分の行為をへりくだった言い方です。

そのため、店のレジなどの注意書きで見かけるような「両替はご遠慮させて頂いております」などの表現は正しくありません。

遠慮するのはこの言葉を発する当人であり、相手の行為に対して「遠慮しろ」という意味で使うのは敬語表現として誤りです。

相手に遠慮してもらいたいことを伝える場合、「承っておりません」や「お控えください」としましょう。

「遠慮させて頂きます」の言い換え表現

相手の誘いや申し出を断る意味の言葉なら、「遠慮させて頂きます」と言い換え可能です。

先ほどから挙げている「お断りします」も一例ですが、ビジネスシーンでこのような単刀直入な表現はあまり適していません。

「せっかくのご厚意ですがお受け致しかねます」などとするのが丁寧です。

書面なら、「恐縮ではございますが、拝辞させて頂きます」や「不本意ながら今回はご辞退させて頂きます」などとするとよいでしょう。

大切なのは相手に不快な思いをさせないことです。

受け入れられない申し出でも、可能な限り相手を立てて柔らかい表現を使うようにしましょう。

まとめ

「遠慮させて頂きます」は目上の人に使っても失礼にならない表現です。

しかし、相手の申し出を拒否するわけですから、関係性を壊さないように「申し訳ございませんが」や「ありがたいお話ですが」などクッションとなる表現を一緒に使うようにしましょう。

相手の気持ちに配慮して適切に使うことが大切です。

error: Content is protected !!